入学式がありました

 4月7日(火)小雨降る肌寒い日になりましたが、本校の入学式がありました。36人の元気な新入生の皆さんを迎えて、体育館は華やいでいました。新しい先生や友達との出会いを大切に、これから泉北高等支援学校の仲間として育っていってほしいと思います。

 生徒会から代表の生徒が数名、新入生に挨拶をしてくれました。はっきりと分かりやすく、大きな声で堂々と挨拶をしてくれました。たくましく成長した子どもたちの姿にも目がしらが熱くなりました。百舌鳥支援学校の教頭先生にも褒めていただきました。

 

110311_1430_tigpig_l400_50_e.jpg

入学式の校長式辞を以下に掲載します。

おはようございます。本校校長といたしまして、ただいま名前を呼ばれた36名の皆さんの入学を許可します。これをもって、みなさんは泉北高等支援学校の生徒となりました。皆さん、入学おめでとうございます。私は、大阪府立泉北高等支援学校の校長で名前は加藤圭子といいます。これからよろしくお願いいたします。

皆さん一人ひとりの様子を見ていましたが、緊張している人も、元気いっぱいの人も、嬉しそうな人も、ちょっぴり不安そうな人も、いろいろな人がいました。皆さんは、支援学校で学んできた人、中学校で学んできた人、中学時代を過ごした場所もそれぞれ違いますが、これからは、みんな同じ泉北高等支援学校の仲間です。ここにいる先生たちと一緒に、みんなで仲良く、楽しい学校生活を送っていきましょう。

さて、皆さんは、この学校で3年間過ごした後は、ひとり一人が社会人として生活していくことになります。その時に困らないように、これからこの学校で生きていく力をしっかり付けていきましょう。この学校で勉強して、いろいろな知識を身に付けたり、考える力を身に付けること。運動して身体を鍛えること、作業や実習で仕事にむかう力をつけること、学校生活を通じて社会のルールやマナーを身に付けることなど、一つひとつがみんなの将来の幸せにつながります。どうかそのことをしっかり覚えていて、この3年間を大切に過ごしてください。また、いろいろなことにチャレンジして、好きなこと、得意なことを見つけてほしいと思います。

本日ご出席の保護者の皆様、支援者の皆様、本日はお子様のご入学おめでとうございます。これからの3年間の本校での学校生活は、卒業後を見すえ、それぞれのお子さんが持てる力を最大限に伸ばし、より満足のいく進路選択につなげていくための大切な時期にあたります。これからは今まで以上に、学校と保護者、支援者の皆様とか、お互いに信頼し合い、考えや気持ちを合わせながら、お子さんのために心を一つにして取り組んでいく必要があると考えています。教職員一同しっかり取り組んでまいりたいと思いますので、どうかこれからよろしくお願い申し上げます。

本日、何かとご多用の中、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様、日頃から本校の教育活動に何かとご理解とご支援を賜っておりますこと、この場をお借りいたしまして、厚く御礼申し上げます。本子とは、地域の支援教育の推進校として、期待されている役割をしっかり果たしてまいる所存でございますので、どうかこれからも、子どもたちのため本校に暑いご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

最後に、新入生の皆さん、保護者の皆さん、これから本校は皆さんの母校となります。本日を出会いの場として、これから末永くお付き合いを賜りますようお願いいたします。

 

 

 

カレンダー

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31