作品展(作業学習紹介③)1月30日発信

 今回は次の3つの作業学習を紹介します。    【校長発信】

<織りの分野>

 この分野は1年生中心の分野です。簡単な織機で機織りを学びます。

縦糸は先生が準備し、横糸を生徒が織り込んで布を作ります。織った

布を製品に仕上げるところまで学びます。2、3年生でも一部の教科

で織りの授業を取り入れて学びます。発展形で縦糸を染めたりします。

支援学校では伝統ある分野です。

<縫製の分野>

 この分野はハリやミシンを用いて布を加工する分野です。1年から

3年生まで選択される場合が多いです。最初はハリの使い方を学び、

少しずつ高度な内容へ進んでいきます。学年が進むとミシンの使い方

を学び、自分の作りたいものを先生に伝えて取り組みます。なかなか

細かな細工をした物品を作っています。

<手工芸の分野>

 この分野は今年度より3年生で始まりました。手芸等の分野が中心で

毛糸や身近な材料を用いて日常品の小物を作る分野です。今回の作品展

に向けていろいろな作品を作りました。

 次年度からは、全学年で実施可能となった分野です。日頃の授業では

楽しそうでゆったりとした時間が流れています。見学している時、私が

ほっこりする分野です。

作業の時間は、生徒たちが熱心に取り組んでいる姿をよく見かけます。

カレンダー

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31