12月5日(月)第2回学校協議会開催しました。

本日午後2時から、本年度の第2回学校協議会を開催しました。学校協議会は、保護者や地域住民等の意向を把握し、開かれた学校づくりを進めることにより、学校に対する理解と信頼を深め、学校運営と学校教育活動の改善を図るために、平成14年度からすべての府立学校において設置されているものです。刀根山高校では、本年度の第1回学校協議会を7月28日に開催しており、第2回めの本日は、授業評価アンケートの結果と進路状況をメインテーマに設定して、前半は6時限目の授業を4階の1年生から2年、3年と順にみていただいたあと、授業評価アンケートの結果についての意見交換を行いました。授業見学では、委員である中学校の校長先生が教室で卒業生をみつけてうなずいておられました。生徒もちょっとびっくりしたような様子でした。後半は、8月以降の学校の教育活動活動について、スライドや動画映像をとおして説明したのち、現3年生の進路状況について資料に基づき説明を行いました。授業見学ではみなさんから「生徒がまじめに授業をうけている」との評価をいただきましたが、授業評価アンケートについては、特に学校側の分析に対する今後の課題などもいただき、今後におおいに有意義な協議となりました。最後は時間の関係でせわしく進行することになり申しあわけありません。次回は年明けの2月の下旬に予定しています。本校の大きなテーマである「地域連携の推進」について協議を進めたいと思っています。

お忙しいなかご出席いただきました委員のみなさまがた、ありがとうございました。