1月10日(火)始業式のはなし

3学期の始業式。新しい1年のスタートにあたり、生徒たちに次のようなはなしをしました。

 

始業式のはなし

○ おはようございます。新しい年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

みなさんの姿をみて、うれしく思っていますが、体調のよくない人は気をつけてください。

 

○ さて、みなさんのお正月はいかがでしたか。わたしのお正月は、1日(ついたち)、年賀状を配達してくれる人のチャイムで始まりました。例年は朝の9時すぎにきてくれるのですが、今年は早くてびっくりしました。今年最初の感謝です。

 

○ 2日は、中学・高校と同期で、バレー部の友人が東京から来てくれました。ここ20年近くつづいています。毎年、箱根駅伝をテレビで観戦しながら、1年分の話をしています。関東の大学だけの駅伝ですが、タスキを必死につなぐ姿に心をうたれます。東洋大学のキャプテン柏原選手は、今年も約20キロ以上の箱根の山登り、往路最終の5区で4年連続の区間賞をとり、チームも優勝しました。みごとです。柏原選手は福島県の出身です。いろいろな悩みや思いを持ちながらも、仲間とともにがんばったとのことです。

 

○ おとついの8日は、3つのクラブの公式戦の応援に千里金蘭高校、山田高校、春日丘高校にいきました。サッカー部は追手門高校に、男子バスケット部は千里高校に、女子バスケット部は淀商業高校に勝利し、うれしい1日でした。刀根山高校のホームページの校長だよりにも書いてありますので、よかったらみてください。もちろん、他のクラブもこの冬休み中には、練習や試合にがんばっていました。

 

○ さて、新しい年をむかえるということは、新たな気持ちでスタートをすることができます。みなさんは、新年にあたって目標かなにかたてましたか。

 

○ わたしは、この1年、「初心を貫く」ことを大事にしよう、と考えました。中国の古典「論語」のなかに「一(いつ)もってこれを貫く(一以貫之)」ということばがあります。本来の意味とは少しちがうかもしれませんが、わたしは「初心を貫く」ことだと考えています。

 

○ 校長として、みなさんをもっと理解したい、みなさんのいろんな力をのばしたい、など。人間としては、自分には厳しく、他の人にはやさしくありたい。今年1年、もう一度初心をこころにもってがんばりたいと思います。

 

○ 今日のはなしの締めくくりになりますが、3年生のみなさん、これからがまさに正念場です。体調管理に気をつけ、しっかりと粘ってください。あなたたちならやりぬいてくれると信じています。

 

○ この1年がみなさんにとって、いい年でありますことを期待して、始業式の話とします。

 

 

 今年も、「生徒一人ひとりを大切に(Valueveryone)」、「TONEYAMA 夢・実現」をめざして、「明るく 元気に 前向きに」がんばります。

 よろしくお願いします。