1月17日(火) あの日のこと 忘れません。

1995年の1月17日、午前5時46分から17年。今日もあの日と同じように5時に起きました。17年前は京都府との境にある三島郡島本町にあった大阪府立青年の家に勤務していました。

5時46分、おおきな振れが襲いました。しばらくはどのようなことがおこったのかわからず、そして、大阪市内にある自宅、というより自宅の周辺一部地域だけが停電になりました。機能しない信号機をはじめて見ました。夕方近くになって電気が回復しましたが、停電と交通手段の関係でその日は出勤できず、自宅で待機していたことを覚えています。翌日は勤務できましたが、神戸在住の同僚も被災し、勤務していた青年の家も、被災者の受け入れをおこなったことを覚えています。

17年前の今日、3年生の生徒は生まれていましたしたが、2年生は生まれていた人と1月17日のあとに生まれた人もいます。

そして、昨年の3月11日。わたしたちはそれぞれ忘れられない日がありますが、1月17日、3月11日はわたしたちみんなにとって忘れることができない日です。