• トップ
  • 2012年
  • 4月
  • 4月9日(月)新学期開始。36期生入学。茶席盛会。

4月9日(月)新学期開始。36期生入学。茶席盛会。

いよいよ新学期がスタートしました。朝から2・3年生の生徒は新クラスにはいり、どきどきの担任発表です。そのあと、新担任に連れられ体育館に入り始業式を行いました。新着任の方がたの紹介のあと、始業式で昨年につづいて、次のとおり「命」「時間」のことについて話しました。いつものように静かに聞いてくれていました。

午後からは、新1年生の第36期生の入学式を行いました。そして入学式後は、昨日も紹介しましたPTA主催で、茶道部員も協力して、刀根山名物のお茶席が盛大に行われました。本当にありがとうございました。

     P1000453.JPG   P1000454.JPG   P1000455.JPG  

     P1000456.JPG

≪平成24年度 1学期の始業式あいさつ≫ 

途中(中略の部分)で少しふくらみましたので、時間の関係で(話す予定の)最後の3年生と2年生への部分は話しませんでした。この場をかりて紹介します。

 

この1年間は、「東日本大震災」や台風12号などにより、たくさんの尊い命が犠牲になり、甚大な被害がもたらされました。今もなお復旧、復興の途上ですが、わたしたち一人ひとりができること、しなければならないことについて、決意を新たにしましょう。

 

みなさん、春休みは充実していましたか。わたしは、終業式でいいましたように、弦楽部とダンス部の舞台、体操部の合宿、吹奏楽部の定期演奏会、そして、昨日のサッカー部の試合に行きました。もっといろいろなことがしたかったのですが、なかなかできませんでした。これからも試合や大会などが続きます。教えてください。

3年生のみなさん、昨年の始業式において、すなわち、わたしが刀根山高校の校長として、はじめてした話を覚えていますか。それは、「人間にとって一番大切なものは何ですか。」ということでした。あたりまえですが、「人間にとって一番大切なもの、それは命です。」 そして、みなさんに「命とは何でしょうか。」と聞きました。わたしは、「命とは、時間のことである。」「命とは、自分に与えられた時間のことです。」と伝えました。

 

2年生には、昨年4月の入学式において、「遅刻して教室に入ると、自分だけが損をするのではなく、他の人にも迷惑になるよ。」と話しました。

昨年の2学期の終業式でも、「時間を大切にしましょう。」と伝えました。

(中略・ちょっとわたし自身の個人にかかわる内容ですので略します。)限られた時間で、何をするのか、何をしないのかを、いつも考えています。

 

過ぎ去った時間、過去は変えることはできませんが、これからの時間、未来は、みなさんが自分で選び、決めることができます。自分の命、すなわち、自分の時間を大切にしてください。

 

3年生、いよいよ高校生活の仕上げの年です。希望する進路の実現に向けて、クラブ活動での夢の実現に向けて、覚悟してください。わたしたち教職員はみなさんの進路実現に向けて全力でサポートします。しかし、あなたたちと変わることはできません。目標を決めるのはあなたたち自身です。目標に向かって努力を続けるのもあなたたち自身の意思の力です。しっかり、現実を見据え、自分の将来を真剣に考えてください。残り少なくなった部活動をどのように集大成するのか、大きな目標に向かって果敢に挑戦してください。ここまでくれば「強い気持ち、強気」で向かっていくことが一番です。夢を実現してください。

 

2年生のみなさん、今のうちに3年生からしっかり吸収できるものを吸収してください。すぐみなさんが3年生から引き継ぐことになります。今日の午後には新1年生が入学してきます。3年生、2年生、上級生として、学習に、部活動に、あいさつに等々、学校生活のあらゆる場面で、率先垂範、みずから模範を示すことを期待します。

 

最後に、ひとこと。今年もあいさつを大切にしましょう。おわります。