5月4日(金) 卓球部の応援に行きました。

朝から卓球部の公式戦(団体戦)の応援に岸和田市総合体育館に行ってきました。結果は残念ながら敗れましたが、新入部員の1年生もスタンドから声援を送っていました。実は卓球の公式戦の応援ははじめてでしたので、体育館のフロアーいっぱいに33台の卓球台でいっせいに試合が行われていることに、少し圧倒されました。いろんな競技の会場にいきますが、それぞれの競技ごとに特色ある応援が行われます。それをみるのも楽しみのひとつです。卓球部のみなさん、次の大会、目標にむけてがんばってください。なお、前日の男子バスケットボール部も3勝目はかなわいませんでした。しかし、最後まで全力でプレーしていました。勝った喜び、負けた悔しさをこれからにいかしてほしいと思います。

夕方からは、バレーボール関係の集まりに行きました。開催中の全国大会にあわせて毎年この時期に開かれるのですが、今年は昨年の末に亡くなられた松平康隆さん(元の本バレーボール協会会長、金メダルを獲得したミュンヘンオリンピック(1972年)の男子チームの監督)を偲ぶ会でもあります。松平さんのお別れの会は3月9日に東京で開催されたのですが、松平さんは「黒鷲」の愛称で親しまれている現在開催中の大会をこよなく愛され、昨年の5月も大阪にきて元気なお姿をみせていただきましたが、残念です。あらためてこころからご冥福をお祈りいたします。