1月8日(火) 3学期がはじまりました。

きょうから生徒全員が登校しての3学期がスタートです。さきほどまで体育館で始業式を行い、今、3年生は授業、1・2年生は冬休みの課題考査がはじまりました。始業式でのわたしのあいさつはあとのとおりですが、生活指導部長は高校生活をマラソンにたとえ、今の頑張りの大切さをかたってくれました。進路指導部長は、受験をまじかに控えた3年生と、1・2年生に対してそれぞれ希望する進路実現や勉強に対する心構えをのべてくれました。刀根山にきてこの2年間、始業式や終業式でのおふたりがどんなことを話すのか、わたしもいつも楽しみにしています。特に、刀根山高校34期生のみなさん、また、刀根山高校卒業生で受験にむけてがんばっているみなさん、きょうの進路部長のはなしにもありましたが、「これからのがんばり」が大事です。一歩一歩着実に進んでください。

[きょうの始業式での校長あいさつ]

○ おはようございます。みなさんの姿をみて、うれしく思っています。新しい年がはじまっています。今年もよろしくお願いします。

○ はじめに、みなさんに伝えたいことがあります。12月の終業式につづいて、きょうも体育館の床にシートがひかれています。このシートで、寒さ、冷たさはものすごくちがいます。終業式のときの男子バスケット部員、きょうの男子バレー部とバドミントン部の部員、そして、シートをかたづけてくれた、かたづけてくれるみなさんに、今年最初の感謝です。ほんとうにありがとうございます。

○ みなさんのお正月はどうでしたか。わたしの年末からお正月は、だいたいいつもと同じでした。30日まで学校でしたので、家にいたのは31日から3日までです。この時期、毎年我が家では駅伝のテレビ放送が流れています。

○ 全国高校駅伝は12月23日でしたが、元日には全国実業団駅伝、2日と3日は関東の大学による箱根駅伝がありました。箱根駅伝では日本体育大学が30年ぶりに総合優勝をしました。日本体育大学は昨年は19位でしたので、今年は、出場のシード権がなく予選会からの出場でしたが、みごとに優勝しました。

○ いろいろなことをしながらのテレビ観戦で、集中して見ているわけではないのですが、お正月は、ついつい駅伝が気になります。その理由は「タスキがつながれる」ことにあるように思います。

○ いつもいうことですが、わたしは高校時代からバレーボールに40年以上かかわっています。自分の高校時代に一番言われたこと、教員になってからバレー部の部員に言ったのが「ボールをつなげ」「気持ちをつなげ」ということです。

○ 「つなぐ」「つながる」「つなげる」のは、タスキやボールだけではありません。「自分と他の人」、「自分と社会」との関係、かかわりについてもいえることだと思います。今年も、いろいろな「つなぎ」「つながり」を大切にしてください。

○ さて、3年生のみなさん、伝えたいことが、ふたつあります。ひとつは、刀根山高生として駅伝のタスキのように、みなさんのいいところを、刀根山の後輩につないでいってください。

○ もうひとつは、19日と20日の大学入試センター試験、そして、一般入試にむけて、最後までしっかりと粘ってください。みなさんにとって今が、まさに正念場です。あなたたちなら最後までやりぬいてくれると信じています。

○ 2年生、1年生のみなさん、今年はこれまで以上に、「しっかり勉強する」「クラブや自分の好きなことにがんばる」1年にしてください。

○ おわりに、来週の14日に豊中市の成人式が千里中央であります。そこに、茶道部と生徒会、水泳部のみなさんが、ボランティアとして参加することを紹介しておきます。

○ この1年がみなさんにとって、いい年でありますことを期待して、始業式の話とします。