SAMPLE COMPANY

  • sakura

学校長あいさつ

校長 湯峯郁子


大阪府立河南高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。 校長の湯峯郁子です。

河南高校は、1875(明治8)年に開場された富田林女紅場を前身とし、1912(明治45)年に南河内郡立実科高等女学校として創立、1918(大正7)年に大阪府南河内郡立河南高等女学校として認可され、大阪府立富田林高等女学校への改称を経、昭和23年に富田林高等学校との職員・生徒交流による男女共学を実施し、大阪府立河南高等学校となり現在に至る、日本の学制の変遷を背景とする歴史と伝統のある学校です。

現在河南高校では、「三絆完遂 夢成就(さんはんかんすいゆめじょうじゅ)」をキャッチフレーズに、教育活動に取り組んでいます。これは、河南高校の伝統である、学習・部活動・学校行事の三つを全てやり遂げて自分の夢を叶える、という意味です。希望の進路を叶える日々の学習、得意を伸ばし人間力を培う部活動、多くの仲間とともに青春を謳歌する学校行事これら全てに一生懸命に取り組む三年間を過ごすことで成長してほしい、という願いと方針のもと教職員一同、「幹の太い」生徒の育成に日々邁進しております。

今後も古き良き伝統を継承しつつ、心優しく元気な生徒たちとともに、これからの河南高校の歴史を作ってまいりますので、地域・卒業生・保護者の皆さまをはじめご関係の皆さま、これからも本校の教育に一層のご理解、ご協力、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

大阪府立河南高等学校
校長 湯峯郁子

校長ブログはこちら