アクセスボタン
KUNIJIMASTYLE 大阪府立柴島高等学校 黒横ライン

科目選択

 総合学科では、各自の進路や興味・関心に応じて必要な科目を選択し、授業を受けることになります。 教科・科目の授業は、2学年で30単位(残りはHRが1時間)、3学年で29単位(残りはHRが2時間)です。

 本校では、半期選択制度を導入しています。 選択というのは、1年間の前期・後期それぞれについて、別々の科目を選択するというものです。 1年間に半期で自由に選択できるのは、2年生で前期・後期とも8単位、3年生で前期、 後期ともに10単位です。また、通年で選択できる科目が、2年生で4単位、3年生で2単位あります。

 ちなみに、2年生での残り10単位分は、必修科目の国語(「現代文B」)、「社会と情報」、「保健」、 「体育」、「小論文」、「総合的な学習の時間(協働1、協働2)」「論理演習」(国語、体育は2単位で、他は1単位)、 3年生での残り7単位分は、必修科目の「現代社会」、「体育」、「論文」、「総合的な学習の時間(プレゼン)」 (現代社会、体育は2単位で、他は1単位)です。

 選択科目は、総合選択科目および自由選択科目の中から選びます。

 総合選択科目は、将来の進路希望や興味・関心に応じて選ぶことができるように、科目を体系づけてまとめたもので、全部で88科目あります。 共通するテーマを持つ科目をまとめたグループのことを「系列」と呼びます。 本校の系列は「グローバル系列」「コミュニティー系列」「ヒューマン系列」「ライフ系列」「ネイチャー系列」の5系列です。 系列は所属を意味するものではありませんので、1つの系列からしか選択できないのではなく、複数の系列から選択できます。

 自由選択科目は、進学・就職などの進路実現に必要な科目を中心にまとめたもので、全部で55科目あります。

 これらの中から自由に選択して、必要な単位数を選べばよろしいですが、自由選択科目群の科目のみにならないほうが望ましいです。

①希望する進路を実現するために必要な科目を選ぶ。
 進学→校種(大学・短大・専門学校)を決め、理系か文系かなどを考える。
 就職→公務員か一般企業かを考え、業種・職種を検討する。
②自分の長所を伸ばす科目を選ぶ。 得意科目や深く学習したい内容を考える。
③趣味や興味・関心等に応じた科目を選ぶ。

「講座ガイド」を参考にしてください。 原則として、同じ科目を2回選択することはできません。 たとえば「生物-1」、「生物‐2」は「生物基礎」を学習した人しか選択できないというように、基礎となる科目を必ず選択しておかなければ選択できない科目があります。このような選択の際の条件は「選択条件」という欄に書いてありますので、よく確認するようにしてください。 選択希望者の少ない科目は開講しない場合もあります。 科目選択の仕方によっては、2年次の選択を3年次の選択に変更するよう、お願いする場合があります。 教室や器具などの関係で、人数制限を設ける場合があります。 講座の展開などがレベル別であるようなもの(英語など)は、しっかり実力をつけるために自分の実力に応じた選択をしてください。

 7月  自分の将来の進路希望や興味・関心を考え、選択したい科目を考え始めます
 9月  選択科目の一次登録をします
11月  選択科目の二次登録をします
 2月  選択した科目の調整が行われ、受講する科目が決定します

 4月  選択科目の授業が始まります
 7月  後期選択科目の変更ができます※
 9月  選択科目の一次登録をします
11月  選択科目の二次登録をします

 4月  進路実現に向けた学年の始まりです
 7月  後期選択科目の変更ができます※
10月  最後の選択科目の授業が始まります