【銭塚古墳】

 本校の敷地内には銭塚古墳があります。

 銭塚古墳は、百舌鳥古墳群のほぼ中央部に位置し、仁徳陵古墳(大仙古墳)、履中陵古墳(ミサンザイ古墳)など巨大な前方後円墳に囲まれています。

 銭塚古墳は、明治時代の地図には、前方後円墳として描かれ、その頃の地籍図では、濠のあったこともうかがえます。しかし、大正年間の絵図などでは、前方部や濠は見られず、現在と同じような形状になっていました。

 銭塚古墳の発掘調査は、過去に3回実施され、全長約72m、後円部の直径が約54mの前方後円墳であることがわかりました。特に、平成19年度の調査では、墳丘上から円筒埴輪列が確認されました。他に、朝顔形埴輪や蓋形埴輪も見つかっています。

 銭塚古墳は、埴輪や古墳の形から、西暦5世紀中頃に作られたものと考えられます。

銭塚古墳の

ご紹介

Copyright(C)大阪府立堺支援学校

ホーム古墳

ぜに づか

堺支援学校
履中陵
仁徳陵
銭塚古墳

 【堺支援学校周辺の様子】

 2005年に撮影された航空写真です。仁徳陵、 履中陵に囲まれて堺支援学校が建っていて、学校敷地内に銭塚古墳があります。

HOME.html
aisatsu0.html
kyougikai.html
soudann0.html
gakubu0.html
kyusyoku0.html
access.html
kinnkyuu.html
keiei0.html
izimeboushi.html
kouryu.html
kennsyuu.html
shinnro0.html
https://www.osaka-c.ed.jp/blog/sakai-y/oshirase/index.php
toiawase.html
HOME.html
zimu.html

【注意】

学校関係者以外の立ち入りを禁止しています。