ごあいさつ

写真

大阪府立吹田支援学校ホームページにお越しいただき
ありがとうございます。

校長 内藤 孝彦

 令和3年4月1日、大阪府立吹田支援学校第10代校長として着任いたしました、内藤孝彦(ないとうたかひこ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、平成10年4月、小学部、中学部、高等部のある知的障がい支援学校として開校し、本年度創立24年を迎えます。通学区域は吹田市(第一中、第二中、第三中、第五中、第六中、片山中、佐井寺中、南千里中、豊津中、豊津西中、高野台中、竹見台中の校区)であり、児童生徒数は272人(令和3年4月現在)です。

 全ての学部を通じ、児童生徒は、個の教育的ニーズにもとづき自分の思いや気持ちを周りの人に伝えることを学び、将来、自立し社会参加できるよう、日々の教育活動を行っています。また、教員は、個別課題へアプローチし、基礎的な力、表現する力、自立して生きる力を育むため、児童生徒のことを主として考え、日々、支援教育に関する専門性の向上に努めています。

 昨年度は、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら教育活動を実施し、様々な制約がありました。児童生徒たちは多くの困難を乗り越え、学びを続けてきました。しかし、その中に新たな学びの形(ICT機器の活用等)を見いだすこともできました。
 令和3年度は、これまで築いてきた教育を継承、改善、発展し、児童生徒一人ひとりが、楽しく、豊かに、元気よく学ぶことができる教育環境を整え、児童生徒の良さを最大限に引き出す教育を実践するとともに、すべての児童生徒にとって安全・安心な学校となるよう、全教職員が一丸となって取り組んでまいります。 本校教育へのご理解とご支援をお願いいたします。

 このホームページを通じて、本校の児童生徒の「学び」の様子をご紹介するとともに、どなたにも有益な支援教育に係る情報を発信してまいります。併せて、ご覧いただいた方々から忌憚のないご意見をお寄せください。
 本校は、「人とのつながり」を大切にし、学校教育目標『たのしく(楽)・ゆたかに(豊)・げんきよく(気)』の実現に向け、障がいのある子どもたちのために邁進してまいります。

令和3年4月
大阪府立吹田支援学校
校長 内藤 孝彦

 校章・校歌