入りたい学校、
入ってよかった学校をめざして

みなさまこんにちは。大阪府立東住吉高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。  本校は昭和30年(1955年)に開校し、今年度63期生の入学生を迎えました。また、平成5年(1993年)に全国唯一の芸能文化科を設置し、今年度25期生を迎えました。

 創立当初の教育方針には「教養豊かな、たくましい自主独立の精神に富んだ人間の育成をめざし、鍛錬し、学習指導、進路指導、保健指導などの徹底に力を注ぐとともにゆたかな情操がはぐくまれるよう努める。」とあり、この間多くの卒業生を輩出してまいりました。

 その精神は今も引き継がれ、「二兎を獲る」をスローガンに、学習活動と自主活動の両面に力を入れて、社会に貢献する人材の育成を図っております。

 今年度の夏には、PTA、緑友会(同窓会)、後援会、みどり会の関係4団体からの寄贈により、全普通教室に電子黒板機能付きプロジェクタ等の最新型ICT教員環境を整備し、質の高い効果の高い授業を行うことで生徒の第一希望の進路実現に向けて学校を挙げて努力しています。

 また、日々の授業、自習室の充実、手厚い進路指導からくる進学実績はもとより、部活動のほか、「日本一の体育祭」と言われる伝統の体育祭、そして文化祭、国際交流、チャリティーマラソンをはじめとするボランティア活動など、多彩でクオリティの高い活動により、学習だけでは身に付かない「生きる力」をはぐくんでいます。

 これからも、「入りたい学校、入ってよかった学校」を教職員一同、そして元気な生徒たちとともに作り上げてまいります。今後ともみなさまの温かいご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大阪府立東住吉高等学校 第19代校長 湯峯 郁子