電気系では

 電気技術の基礎からコンピュータネットワークまでを学ぶ。具体的には、電気機器と電力技術、電子工作、電気・電子回路などの電気・電子技術に加え、ブロードバンド時代に対応した通信技術やコンピュータに関する技術なども取り入れた学習をする。

電気技術専科(2クラス 80名)

 電気技術の基礎や電力応用、電気工事等を学んだ上で、電気機器の活用や制御、電力の利用、さまざまなエネルギー資源の活用やリサイクル等を学習し、電気に関わるものづくりについての広い知識、技術を習得した技術者を育成する。

電子情報通信専科(1クラス 40名)

 電子技術、情報通信の基礎を学んだ上で、コンピュータを使ったシステムとの連動やネットワークに関する知識、技術を学習し、通信に関わる技術を幅広く習得した技術者を育成する。