校長挨拶
 平成30年4月1日付けにて本校第11代校長に就任しました河合克昭でございます。よろしくお願い申し上げます。
 本校は、1978年に当時の生徒急増期に対応すべく大阪南部の岸和田市内に全日制普通科高校として創立されました。岸和田市内には現在、創立100年を超える3校の伝統ある高校がありますが、本校はまだ創立40余年と若い高校ながら地域の皆様の信頼とご支援を頂き着実にその教育力を伸ばして参りました。
 本校のめざす教育方針は「地域で愛され」「地域で頼りにされ」「地域に貢献する」いわば『地域の星』となる人材の育成です。現在、地域の行政、教育、経済、医療など各分野の第一線でたくさんの卒業生の皆さんが活躍しておられます。
 今後は加えて、地域社会へも押し寄せるグローバル化の波にも対応し地域社会に貢献できる人材を育成すべく、これまでの本校の得意分野である学校行事や部活で培われる行動力や人間関係力の育成に加えて、多様性を享受する態度や英語運用能力を含めたコミュニケーション力を育成するための国際理解教育、さらなる学力向上にも力を入れ生徒の皆さんの進路目標達成を強力に後押しして参ります。
 また本校は「共生推進教室」を設置しており、大阪府立すながわ高等支援学校に在籍なさっている生徒さんとともに学んでいます。障がいがある方もない方も平等に生活する社会(ノーマライゼーション)の到来を推進するため、共生推進室の生徒さんには、他の生徒さんとの学びや交友を通じて自立心や社会性等の集団の中で生活する力を身につけて頂く一方で、他の生徒さんには障がいのある生徒さんと学ぶことを自然にとらえ、お互いを尊重し支え合う姿勢を育んで頂きます。
■校長ブログ■
 
本校の取り組みについて 
● さまざまな進路希望に対応する指導体制
  2年生から、「理数専門」「体育専門」「文系」の3つのコースより選択
  • 専門コースでは、専門科目を設置。将来の進路を視野に入れた学習を!
  • 文系コースでは、より自由に授業選択が可能。さまざまな進路実現に対応
  • 希望の進路に合わせて、3年次に「専門コース」から「文系コース」に進むことも可能
● 障がいのある生徒も一緒に学びます
 本校では「共生推進教室」が設置されており、障がいのある生徒さんも一緒に学んでいます。一般生徒と「ともに学び、ともに育つ」ことで、人間性・社会性を育み全員就職をめざしています。 一般生徒と障がいのいある生徒が共生することで、障がいの有無にかかわらずすべての人々が活躍できるノーマライゼーション社会の実現を推進する人材を育成します。

● 文武両道を提唱し、「学力・クラブ活動・学校行事」を充実させる
 クラブの加入率は、全校で70%という高い加入率を誇っています。
 3年間クラブ活動で頑張った生徒が、進学・就職において優秀な成績をおさめています。
校訓

真摯・・・真面目でひたむきであれ
闊達・・・小さな物事にこだわらず心を大きく開け
友愛・・・友人には親愛の情をもって接せよ
「挨拶・礼節・親切」の久米田三則
  • 久米田高生が、日常心がける行動規範として定めました。
  • 人と良好なコミュニケーションを取る上で大切な事柄です。
  • 学校全体で励行します。
沿革
1978年(昭和53年 大阪府立久米田高等学校創立
1987年(昭和62年) 創立10周年記念式典挙行
1997年(平成 9年) 創立20周年記念式典挙行
2005年(平成17年) 府立高等学校経営革新プロジェクト事業推進校(~2006年)
2006年(平成18年) 週31単位時間の授業を実施
2007年(平成19年) 創立30周年記念式典挙行 コース制導入 制服リニューアル
2008年(平成20年) 学校評価の充実・改善のための実践研究校(文科省指定事業)
2009年(平成21年) 金融教育研究校(~2010年)
スクールサポートプランによるKDTVの設置
2010年(平成22年) 大阪府立たまがわ高等支援学校の分校として「共生推進教室」を設置
2014年(平成26年) 大阪府立すながわ高等支援学校の分校として「共生推進教室」を設置
2017年(平成29年) 創立40周年記念式典挙行
HOME このページのトップへ戻る

大阪府立久米田高等学校  〒596-0822 岸和田市額原町1100   TEL 072-443-6651   FAX 072-443-0307 

©ALL Rights Reserved.