大阪府立堺支援学校大手前分校の学校案内パンフレットPDFデータがダウンロードできます。

外部リンク

学校長のあいさつ

〒543-8555 大阪市天王寺区筆ヶ崎町5番30号 大阪赤十字病院附属大手前整肢学園内

TEL06-6776-5306 FAX06-6776-5307

home_files/izime_houshin.pdf

大阪府立堺支援学校大手前分校の

ホームページへようこそ!

府立堺支援学校大手前分校校長 橋本 輝幸

学校協議会 

学校協議会については

本校のHPへ移動します。

行事等の様子を公開しています。

 本年度より、大阪府立堺支援学校及び大手前分校の校長職を拝命いたしました 橋本 輝幸でございます。


 本校は、昭和31年4月より、肢体不自由のある児童生徒の教育を目的に設立された“大阪府立養護学校”を前身とした、大阪府の支援学校は元より、全国の特別支援学校の中でも屈指の歴史と伝統のある支援学校であります。この学校の校長として奉職させていただきますことを、誠に光栄に思いますと共に、その責任の重さを痛感しておるところでございます。また、5年間校長職を務めさせていただいた(本校での准校長職2年を含む)教員生活も残り2年となりましたが、この由緒ある学校でその区切りを迎えられる可能性の高いことは、私にとりまして過分なことであると思いを致しております。


 さて、大手前分校は、大阪赤十字病院大手前整肢学園内にある肢体不自由のある児童生徒を対象とした特別支援学校です。小学部と中学部を設置し、本年度当初は、それぞれ、9名と8名の計17名の在籍数となっております。大手前分校で学ぶ児童生徒たちは、大阪赤十字病院大手前整肢学園に訓練や手術により入院を要する状況にあり、分校で学ぶ期間は、数カ月であったり数年であったりと、児童生徒の身体状況により多様となっております。分校では、このような児童生徒の背景の中、児童生徒の学習到達度や学習ニーズをより詳細に把握し教育を実践していく事を目的として、大阪赤十字病院大手前整肢学園さんは基より、前籍校との連携を密にする体制の構築を進めております。このことを踏まえ分校の教職員は、分校での教育効果を最大限に上げ、児童生徒の次のステージへの円滑な移行を図るべく、一丸となって尽力しておるところでございます。


ところで、私は前任校で、折々に児童生徒に対して「目標を持ってください」、「多くの経験をしてください」、そして、「人を大切にしてください」と伝えてきました。“目標をも持っている人”は、人間に軸があると感じています。また、“多くの経験をした人”は、見識の広さと人間としての奥深さを感じます。さらに、“人を大切にする人”は、人間としての品性があり、『和』を醸し出してくれると捉えています。このことは、学校組織においても同じことが言えるのではないかと考えています。学校組織全体の“目標”を教職員全員が共有し、それに向かって前進していけば『軸のある学校組織』となるでしょう。また、学校経営者の校長を含め“多くの経験をした教職員”の存在は、組織としての見識を広め、奥深さのある組織力を育んでいくでしょう。そして、“人を大切にする人”が多くいる組織は、品性のある組織となり、自ずと協調性のある組織に変容していくと捉えています。


 私は校長として、『軸のある学校組織』・『広い見識と奥深さのある学校組織』・『品性と協調性のある学校組織』の構築を図り、児童生徒の生活自立や社会自立、さらには職業自立に大きく寄与する学校づくりに、微力ではありますが邁進していく所存でおりますので、大阪府立堺支援学校大手前分校を支えいただいております関係の皆様の、今後の益々のご指導・ご鞭撻を、心より願い申し上げます。

平成29年度

大阪府立堺支援学校大手前分校

保護者会だより

第2号◀︎

home_files/annai2014.PDF