校長あいさつ

夢を切り拓くチカラを千里青雲で。校長/西山兆子  

   千里青雲高校は、大阪北部の千里丘陵、緑豊かな環境の中にあります。 敷地が広く、広大なグラウンド、2つの体育館、280名収容のホール、充実したトレーニングルームなど、府立高校においてトップクラスの施設を備えた学校です。
 社会の多様化が進む中、次代を生き抜くための力をつける「総合学科」の高校として、平成19年に開校しました。
 「普通科」と比べ教員の数が多いというメリットを生かし、少人数・習熟度別授業の充実や、多様な選択科目を開設するなど、一人ひとりのニーズや学力に応じた教育活動を展開しています。さらに、本校は「共生推進教室」を設置しており、支援学校と連携のもとインクルーシブ教育を推進し、豊かな人権感覚を醸成しています。

 めざす学校像は、「総合学科の特色を生かし、生涯を通じて学び続けることのできる学力を備え、社会に貢献し豊かに人生を送ることのできる人材を育成する学校」です。
 そのため、次の4点を大切にしています。

   (1) 進路選択の基礎となる確かな学力の定着を図り、一人ひとりの進路実現ととも
     に、生涯にわたって学び続ける力を育成すること
   (2) コミュニケーション力を育成し、知識を基に個々の学びを深めること
   (3) 違いを認め合い「ともに学びともに育つ」学校として、一人ひとりの存在を大切
     にすること
   (4) 「行きたい学校」、「行かせたい学校」として地域から信頼されること

   生徒たちは、勉強合宿や校内での大勉強会などをはじめとする本校独自の取り組み「青雲道場」や、文章力や読解力の向上を目的とした「朝読書」などで着実に学力を伸ばし、進路実現へとつなげています。また、部活動では8割を超える生徒が活発に活動し、青春を謳歌しています。さらに、社会に出て必要なルールやマナーを習得するための、きめ細かい生徒指導により、遅刻数が近隣の高校の中でも極めて少なく、常に気持ちの良い挨拶が交わされるなど、校内には落ち着いた空気が満ち溢れています。

  千里青雲高校は、「自分を磨きたい人」、「夢を実現したい人」を応援する学校です。
 中学生の皆さん、保護者の皆様、ぜひ本校の説明会や見学会にお越しいただき、充実した施設や、生き生きとした生徒の姿をご覧ください。教職員一同、お待ちしております。

このページのトップへ