遠足:クラスの親睦を深める行事。運動会に向けてクラスがまとまっていく。

平成30年5月2日(水)
1年(73期):奈良方面
 5月2日、1学年は遠足で奈良方面へ出かけました。法隆寺〜九条公園〜薬師寺という約15kmの道のりを歩きました。九条公園に到着するくらいの頃に少し雨が降り出しましたが、生徒たちは公園では雨に濡れないよう工夫しながら昼食を食べたり、雨の中でも走り回って遊んだり、強い姿を見せてくれました。クラス対抗大縄跳び大会も行いました。生徒たちはお互いに声を掛け合い、並び順やタイミングなど試行錯誤して取り組みました。薬師寺では、クラスごとに境内を拝観するだけでなく、お坊さんによる法話を拝聴しました。天高に入学して約1ヶ月。一年生にとって学びと楽しみのある一日になりました。


2年(72期):京都方面
 5月2日、72期2年生は京都方面へ遠足に行きました。午前はクラス単位で、午後はグループ単位で行動しました。当日は安定しない天気で、予定を変更しなければならない場面も多々ありましたが、遠足係のメンバーを中心に「自分たちで作る楽しい遠足」を実現してくれたと思います。着物で嵐山まで行ったクラスや、お菓子作りの体験をしたクラス、神社やお寺を巡ったクラスなど、それぞれに初めてのクラス行事として思い出に残るものになりました。
 遠足を通して、生徒たちはクラス単位での計画を作り、実行することの楽しさや難しさを十分に体感したと思いますが、この経験を修学旅行の成功につなげてくれることを期待しています。


3年(71期):須磨・神戸
 3年生の遠足は、各クラスの遠足係が設定したオリジナルコースを回るというもので、学期が始まった当初から神戸や須磨についての情報収集をし、思い思いのプランを立てていました。遠足が近づくにつれて、天気模様の心配な日が続き、当日も午後からは雨の予報(しかも雷雨!)、実際に朝には雨がぱらついて……いたのですが、その後は何とか豪雨になるようなこともなく無事に活動することができました。結果的には、海辺でのBBQ、貸し切り(雨のお陰!)の野原、須磨海浜水族園、南京町、BE KOBEなど兵庫の様々な地域で天高最後の遠足を満喫しました。