学校情報

校長挨拶 HOME > 【学校情報】校長挨拶

生徒を主役に!生徒の力を伸ばし、確かな進路の実現をはかります。

ようこそ、淀川工科高校のホームページへ!

 前任の丸岡俊之校長先生の定年退職に伴い、佐野工科高校から第20代目校長として転勤してまいりました阿部政之です。
 本校は、府立で第6番目に古い職工学校として創立し、今年度で創立80周年目を迎える伝統ある工科高校です。これまで、府内のものづくり産業等を支える人材の育成に努め、卒業生は全日制・定時制併せて延べ2万人を超え、全国の産業界で活躍されています。
 以前から、『ものづくりは人づくり』という名言があります。この名言には、「良いものを作るためには、最初にそれを作る優秀な人材を育てなければならない」ことと、「ものをつくることによって、人が育つ」ことの2つの意味があります。
 本校は、ものづくり教育を通して、職場環境の維持・改善で用いられるスローガンである5Sと呼ばれる「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の徹底や、経済産業省が提唱する「社会人基礎力」の徹底を図っています。
 さらに、本校は平成26年度の入学生から「高大連携重点型」工科高校として、新たに再出発しました。1学年8クラスのうち、1クラスに「工学系大学進学専科」を設け、「工業技術の理論を学ぶ工学系大学進学を視野に入れ、技術と理論を兼ね備えた「将来の高度技術者」の育成に重点を置く」こととしています。
 工科高校は、他の高校に比べて「人・もの・金」が充実しています。
「人」は、ものづくり教育を推進する多くの教師陣。「もの」は、最新の機器も含めた素晴らしい施設・設備。「金」は、ものづくり教育を行うための消耗品費も含めた大規模な学校予算です。
 どうか、ホームページをご覧いただき、本校の良さを知っていただければと思います。特に、中学生や保護者の皆様には、進路の一助となれば幸いです。

大阪府立淀川工科高等学校 校長 阿部 政之

ページの先頭へ