校長ブログ

百日紅が咲き続けています

 中庭に大きくなった百日紅(さるすべり)の木が1本、綺麗な淡紫色の花を咲かせています。百日紅は夏の季語ですが、その字のとおり花の時期が長く、真紅の彼岸花が咲く頃になっても、咲き続けています。  また、漢字と読み方が全く異なり、それぞれこの木の特徴を表しているのはとても興味深いことです。百日も咲き続けることと、サルも滑って登れないほど幹がつるつるしていることを、漢字と読み方で言いきってしまったとい...

 男子の試合が終わって、すぐに女子の試合会場の門真西高校へ向かいました。ちょうど間に合う予定でしたが、正門を見つけるのに学校の外周をほぼ1周歩いてしてしまい、会場に入った時はティップオフが終わり、試合が始まっていました。  対戦相手は寝屋川高校です。相手のガードの選手は、なかなか強いフィジカルと技術を兼ね備えたいい選手です。しかし、チーム力は花高の方が勝っているようで、ボールの支配率で優位に立って...

 運動部は公式戦のシーズンに入っています。サッカー部は先週2回戦があり、都島工業高校と対戦し、前半0-1のビハインドから、後半2点を取っての逆転勝ちで今日の3回戦に進出しました。相手は部員120名の強豪桜宮高校です。結果はどうだったでしょう。今のチームの持っている力を出し切ることができたでしょうか。  今日から第73回大阪高等学校バスケットボール選手権大会の一次予選が始まり、応援に行ってきました。...

 昨日、午後2時から、57期普通科修学旅行および国際教養科研修旅行についての保護者説明会を行いました。普通科は視聴覚室、国際教養科は会議室に分かれて、それぞれについて、8月31日に配布しましたプリントの中身について、旅行業者の方にも来ていただいて説明しました。ご多用の中、たくさんの保護者の方にご来校いただき、ありがとうございました。  話の内容はおもに次のとおりです。 (1)10月20日からの出...

1年「社会と情報」プレゼンテーション発表会

 今日は今年度7回めの土曜授業日です。先月に続いて今月も月3回、来週26日も授業です。4月、5月にできなかった授業の補完にと、夏休みや冬休みを短くしたり、土曜日に授業を行ったりして、なんとか学習の質と量を保っているところです。  1時間め、普通科1年6組の「社会と情報」の授業を見学しました。「My Favorite! 私のお気に入り」の表題で、8月26日から発表会を行っています。持ち時間は2分、各...

卒業生からのメッセージ

 秋雨前線に向かって南から暖かい湿った空気がどんどん入り込んで蒸し暑い一日になりました。前線は北からの冷涼な空気に押し下げられ、激しい雨を降らせながら日本列島を横断して南へと移動していきました。明日は、まだ雲は残りそうですが、涼しくなりそうです。  昨日、5時間めに3年生の学年集会がありました。花高祭が終わり、高校生活もいよいよ半年たらずになりました。小学校に入学して12年、中学校でも高校に進学...

情報社会と著作権~1年「社会と情報」

 昨夕19時15分から18分にかけて、上空を通り抜けていく国際宇宙ステーション(ISS...International Space Station)を見ようと、3人の先生方と一緒にグラウンドから眺めていましたが、思っていた以上に空は雲で覆われていて、確認することができませんでした。  地上は日が暮れていて、上空のISSには太陽の光が当たっている時、すーっと明るい光が通過していくISSを見ることがで...

1年ポスターセッション~「総合的な探究の時間」

 東側2階渡り廊下には、1年生の「総合的な探究の時間」で、夏休みの課題について、グループワークで意見を出し合って1枚の画用紙にまとめたものを、クラス毎に貼り合わせて、花高祭に合わせて展示されました。  キーワードとなる漢字一文字をあげて、SDGsに係る課題について、それぞれ考えてきたことを出し合っていました。色紙も使ってきれいに見やすくする工夫もされています。  たった一文字が言い表すことは、考...

祝!準1級合格しました~第2回英検

 また、嬉しい知らせが届きました。3年8組の松本さんが先日行われた第2回英語検定で、見事準1級に合格しました。今年度に入って3人めの快挙です。放課後に校長室に来てもらい、話を聞くことができました。高校生ではなかなか合格するのは難しい準1級ですが、「ほかに早々と合格している人もいるので、凄いことだとは思わなかった」とのことです。中学生になってから洋楽が好きになり、お気に入りの曲の歌詞の意味が知りたく...

夜風が涼しくなりました

 石山の石より白し秋の風  芭蕉  秋を色に例えると、やはり「白」でしょうか。眼を閉じて芭蕉の句を繰り返すと、ここで言う「白」は、「白い」というよりは、「透明な」の方が近いように思います。実際、あちこちに「秋」を思い浮かべても、白ではなく、色のない透き通ったイメージが勝っているように感じます。朝方、草に宿る露が光を受けてキラリと輝き、はっとするのも今頃ではないでしょうか。9月7日は「白露」でした。...

カレンダー

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30