校長通信

10月25日(日) 曇り
地域実習『秋祭り』に知的障がいのある方々を招待

 本校「生活文化エリア」の2年生(59名)が、エリア指定科目「地域実習」の授業の一環として『秋祭り』を企画。地元の「地域生活総合支援センター」(ゆう・れいんぼう)から100名を越える知的障がいのある方々を招待し、ダンス部、吹奏楽部、軽音楽部もボランティア参加して、楽しい交流の時間を持ちました。
 会場は、本校体育館です。『祭り』は、軽音楽部によるオープニングで幕を開け、焼きそば、から揚げ、フランクフルト等の模擬店(写真)や日本の昔話をテーマにした7つの手づくりゲームコーナー(写真)、クラブや授業のステージ発表(写真)、手づくりのだんじり曳きまで、生徒たちは、目いっぱい楽しんでもらえる工夫をこらしました。
 制作から司会進行まで、心を込めて取り組んだ『秋祭り』。障がいのある方々の喜んでくださる姿から、生徒たちはたいせつなことを学び、誇らしい気持ちもいただきました。地域とつながる豊かで実践的な学びを、金剛高校はこれからも推進していきます。


集合写真
最後に全員で集合写真
「焼きそば」模擬店
「焼きそば」模擬店
音楽演奏「島人ぬ宝」熱唱
音楽演奏「島人ぬ宝」熱唱
ゲームコーナー
ゲームコーナー


↑ このページの最初へジャンプ ↑