校長通信

11月18日(金) 曇り
エリア科目「保育音楽」
   〜金剛東保育園児・藤陽中学生を招いて〜

 本日2限、3限の「保育音楽」(3年「生活文化エリア」のエリア科目、担当:音楽科・内田薫教諭)の時間、学校のすぐそばにある金剛東保育園の園児約60名を招いての実習を行いました。
 内容は授業で取り組んできた音楽劇「おいしい森のレストラン」の上演と、楽器を使ったり、体を動かしての遊びです。園児たちは、音楽劇を、熱心に、たいへんお行儀よく鑑賞。その後の遊びでは、高校生のお兄ちゃんや、お姉ちゃんに音楽劇で使った楽器をはじめ、いろんな楽器に触らせてもらったり、いっしょに遊んでもらったりして、思う存分体を動かしていました。
 また、今日は偶然にも、金剛東保育園に職業体験で訪れていた藤陽中学校の2年生の生徒さんたちも加わり、地域の中の異年齢交流も実現しました。
 夕方、保育園児が「男と女のオオカミがね、もじゃさんのレストランに行ってね・・・・」と今日の音楽劇のことを、お迎えに来られたおかあさんにうれしそうにお話しながら帰っていく光景に出会ったと、本校の教員が話していました。園児たちの小さな胸に、温かな心の灯を届けることができていたら幸いです。


音楽劇「おいしい森のレストラン」



「劇おもしろかった?」
藤陽中学2年生の生徒さんたちも加わって


楽器で遊ぶ

↑ このページの最初へジャンプ ↑