校長通信

12月5日(月) 曇り
生徒も教員も勉強です!

 本日より2学期末考査が始まりました。自習室や教室では、遅くまで残って勉強する生徒たちの姿が見られます。
 さて、金剛高校の大きな教育目標である「学力の向上」をめざし、この期末考査中に教員も研修を行います。1回目の今日は、大阪教育大学の森田英嗣教授をお迎えし、「転換期における教育〜キーコンピテンシーを手がかりに〜」というテーマでご講演をいただきました。本校のめざす学校像や今年度の教育計画にも触れながら、これから生徒たちに必要になってくる力、PISA型の学力について豊富なデータをもとに丁寧に説明していただきました。
新教育課程で本校が始めようとしている各「エリア」における探究的な学びの構築に向け、たいへん参考になるものでした。


自習室で勉強する生徒たち

森田教授の講演



↑ このページの最初へジャンプ ↑