感染症にかかった時は(学校において予防すべき感染症について)

学校において予防すべき感染症

ンフルエンザ等の「学校において予防すべき感染症」(下表参照)にかかった場合は、医師が指示する期間の外出を控え、療養してください。

登校再開後に、
所見名(疑い含む)
出席停止(療養)期間
医療機関名
医師名
押印(私印のみで可)
のある意見書を提出してください。
書式は問いませんが、医療機関が記載したものに限ります。提出は、登校再開と同時でなくても構いません。
出席停止期間は欠席日数から除かれます(欠席にはなりません)。

考様式として「感染症に係る登校に関する意見書」用紙が保健室と職員室にありますので、必要であれば申し出てください。
毎年冬季に、参考様式を保健ニュース裏面に載せて配布しています。そちらもご利用いただけます。以下のバナーをクリックすると、ダウンロードも可能です(PDFファイルを印刷してください)。

登校に関する意見書

登校に関する意見書のダウンロードは下のバナーをクリックしてください

載に関して、無料を確約するものではありません。文書料が必要な場合や療養期間のずれがある場合など、不明な点がありましたら、養護教諭(保健室)に相談してください。

■学校において予防すべき感染症の種類及び出席停止の期間の基準について
(学校保健安全法施行規則より)
感染症の種類出席停止の期間の基準


エボラ出血熱、クリミヤ・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1またはH7N9であるものに限る)、中東呼吸器症候群治癒するまで


インフルエンザ(鳥インフルエンザ[H5N1、H7N9]及び新型インフルエンザを除く)発症後(発症日を0日目として)五日を経過し、かつ、解熱後二日を経過するまで
百日咳特有の咳が消失するまで又は五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん解熱後三日を経過するまで
流行性耳下腺炎耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後 五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん発しんが消失するまで
水痘すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱主要症状が消退後二日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎病状により、学校医その他の医師において、感染の恐れがないと認めるまで


コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症
上記以外は対象外です。学校で通常みられないような重大な流行が起こった場合に、考慮の対象となります。