校長挨拶

校長 栗山悟
うこそ堺東高校のホームページへ!

校は1972年(昭和47年)に開校、2002年(平成14年)からは総合学科に改編された学校で、この春に第46期生を迎えることができました。晴美台という、名実ともに美しい住宅街の中、小高い丘に位置して東は葛城・金剛を見渡し、西は時に明石海峡大橋を眺めることもでき、大変恵まれた環境にあります。

そんな本校の、学校自慢に少しお付き合いください。

自慢その1 先生の数は1.3倍!

総合学科の本校は、普通科の学校と比べて教員数が多く、2年次からは約140科目もの選択科目を開講して、一講座当たりの生徒数は平均28名となっています。生徒自身で科目選択をして、少人数のきめ細かな授業を行うことで、大学等への進学を中心にした進路実現を積極的に支援しています。なお、1年を前期と後期の2学期に分け、単位認定を前・後期で行っているため、半期ごとに選択科目が変わります。

自慢その2 グランドの広さを見に来てください!校舎内の施設も必見です!

豊かな緑に囲まれたグランドの広さは府下有数です。同時に活動できるので、野球部、サッカー部を始め、数多くのクラブがその練習場所に困ることはありません。もちろん、テニスコート(3面)やハンドボールコート(2面)なども整っています。
校舎については、府内唯一の看護実習棟や1学年全クラスを収容できる視聴覚教室を備え、ゼミ教室や自習教室、多目的教室、ピアノ練習室、進路カフェなど、様々な用途に応じた教室が数多くあります。
桜が満開の時期、広い中庭では、生徒たちがお弁当を広げてお花見を楽しむ光景も見られます。まさに、高校生活満喫といった風情です。

自慢その3 元気の出る学校です!主役は生徒たち!

「元気な」ではなく、「元気の出る」学校です。学級活動や学校行事を生徒たちの自主性に委ね、自ら取組んで達成感を得ることで、益々力が湧いてくる学校となっています。
学校外の行事も数多く、支援学校との交流会やボランティア活動、大阪府立大学や帝塚山学院大学との連携、またオーストラリアでの語学研修など、多種多様な行事に取り組み、本校の魅力を高めています。


々と自慢を連ねましたが、ちばんの自慢は、実は本校の生徒と先生です。
どうしてそこまで熱心になれるのと思えるほど、労を厭わない先生方が自慢です。そして、自然に人に寄り添える、思いやりの心豊かな頑張り屋の生徒たち。整った学習環境の中、笑い声が絶えない校内で、今日も両者の真剣勝負の学びが繰り広げられています。
そんな堺東高校を、他のページで詳しく紹介しています。どうぞ皆様、ご覧ください。

平成29年 4月
大阪府立堺東高等学校 校長 栗山 悟

堺東高校校長ブログ「校長室より」

堺東高校の教育目標・学校経営計画・学校評価報告

育目標・校歌

東高校の沿革

校経営計画・学校評価・学校教育自己診断

校協議会・協議内容報告について

堺東高校の学校案内パンフレット