大阪府立 泉北高等支援学校

学校概要>教育目標/沿革コース制について校歌校内写真

平成29(2017)年度教育目標および各授業の目標

教育目標
生徒一人ひとりの卒業後をみすえ、「チャレンジ・つながる・自立」を合言葉に、その豊かな個性を活かしつつ、 生徒の自立への力を育む。

指導目標
1基本的な生活習慣の確立をはかる
卒業後の生活をみすえ、適切な生活習慣を身につけるとともに、仲間を意識し、つながり、集団での活動に参
加する力を育む。
「生活」「給食」「清掃」などのなかで、生徒一人ひとりの障がいの状況やニーズに即した個別の教育支援計画を作成し、 目標設定、 課題の提示などを通じて、基本的生活習慣が確立するよう支援する。

2健康なからだをつくり、規則正しい生活リズムを確立する
卒業後をみすえ、 体力の向上をはかるとともに、 からだ全体を使った活動を楽しむ力を育む。
「体育」「ランニング」「校外学習」などの授業、行事を通して、諸活動の基本となる体力づくりに積極的にチャレンジする姿勢を育むとともに、生徒一人ひとりの状況をふまえ、からだを動かす楽しさを通じて、 日常生活の基礎となる体力の向上をはかる。

3チャレンジする心を育む
卒業後の自立をみすえ、生徒一人ひとりの状況に応じた幅広い経験を重ねることで、生徒のチャレンジする心を育む。
校内・校外での幅広い実習体験や「作業学習」などを通じて生徒のチャレンジ意欲を高め、社会参加に向けて基礎となるさまざまな力を伸ばすとともに、 継続して力が発揮できるよう持続力や集中力を育む。
生徒の状況に応じ、 いろいろな学校行事を通じて挨拶やマナーなど、 就労に必要なスキルを学習する。

4つながる力を育む
卒業後の社会参加をみすえ、友人や教師など他者との関わりのなかで、人とつながる力やコミュニケーション能力を育む。
「朝の会」「ホームルーム」「うきうきタイム」「ライフスキル」「生徒会活動」などのなかで仲間を意識し、かかわりを深めるなど、生徒一人ひとりの状況に応じた心の成長をはかるとともに、卒業後をみすえ、人とつながる力を育む。
生徒の状況に応じ、生徒会選挙などを通して選挙の具体的なしくみについて理解するとともに公共的な事柄に自ら参画しようとする意欲や態度を育む。

5基礎的な学習能力や作業能力を育む
「基礎学習」「社会生活」「音楽」「美術」「ライフスキル」などの授業を通して、人や物への興味・関心を高め、日常生活に必要な基礎的な能力を身につけるとともに表現する喜びを知るなど豊かな情操を養うなど、持てる力の伸長をはかる。


各授業の目標と指導の重点
「生活」「給食」「清掃」
・生徒一人ひとりの課題をふまえつつ、更衣、排泄、清掃など、日常生活に必要なスキルを身につけるとともに、
卒業後の自立をみすえて、 継続して取り組む力を育む。
・生徒一人ひとりに応じた役割を意識し、 責任を果たすことの意義や喜びを感じることができるよう支援する。・「食」に関するさまざまな知識を身につけるとともに、健康保持の基礎となる口と歯の健康教育の充実を図る。

「朝の会」
・一日の始まりにあたり、その日の学校生活に見通しを持つとともに、仲間や教師とのつながりを深め、 ともに学ために集うことができたことを喜ぶ。

「ランニング」
・生徒一人ひとりの状況をふまえつつ、体力を増進する機会を増やすとともに、チャレンジする心や、集団のなかで助け合い励まし合う感性を育む。
・からだを動かして気持ちよく汗をかき、 次の学習活動へとつなげる。

「基礎学習」 「社会生活」
・社会や日常生活に必要な知識や技能を育む。
・人とつながる力を育てる。
・「伝える力」 など、 日常生活の基礎となる国語的な知識を身につける。・ 日常生活に必要な数学的知識を身につける。
・社会のしくみやはたらきについて必要な知識を身につける。
・ 自然のようすやはたらきについての知識を身につける。
・ 情報機器を活用するための知識を身につける。
・知識を実生活に役立て、 チャレンジする力を育む。

「作業学習」 ( 「アドプトロード」 ) 「実習」
・生徒一人ひとりの状況をふまえつつ、卒業後の自立に向けて、 さまざまな物をつくることや、認められる喜び
を体験し、 チャレンジする心や、働く意欲を高める。
・いろいろな体験を通して、 就労に向けて、 より実践的な力を育成する。
・見通しをもち、 持続してやりきる力を育む。
・集団のなかで協力して取り組む力を育む。
・からだ全体を使った作業で、 身体をコントロールする力や体力を育む。
・巧緻性を養う。
・自ら考えて取り組む力を育む。
・安全に留意して作業を進める能力を高める。

「音楽」
・さまざまな音楽体験を積むことで、 音楽への関心を高め、 表現する力を養う。・身体表現を通して、 からだ全体で音楽を感じ、 味わう。
・集団で、 ひとつの音楽を作りあげる喜びを知る。

「美術」
・造形活動を通じて、 表現する楽しさと喜びを感じる心を育む。・絵を描いたり作品をつくったりする楽しさを感じる。
・いろいろな素材に関わるおもしろさを感じる。

「体育」
・ いろいろな運動体験や健康について理解を深めつつ、 心身の発達をはかる。・からだを動かす楽しさを味わうことができるよう工夫する。
・ さまざまな動きやいろいろな種目を経験し、 巧緻性や体力を育む。
・ ルールに従って集団で活動する力を育む。

「うきうきタイム」
・自主性、主体性、自己選択の力を高める。
・余暇活動を楽しむための経験を増やし、 基礎となる力を養う。
・集団のなかでルールを理解し、 仲間と一緒に活動を楽しめる力を身につける。・個々の興味・関心に合わせた活動を行う。

「ライフスキル」
・卒業後の生活を考えて、健康維持・人とのかかわりかたなどについて、必要な知識を広げていく。・社会参加に必要な力をつけるための経験をつむ。
・基本的な生活スキルの向上をめざす。

「ホームルーム」
・学年、 クラスの仲間や教師とのつながりを深め、 一緒に活動を楽しめる力を育む。・ クラスや集団のなかで自分の役割を果たすことができる態度を身につける。