Ξ ページメニューを開く

校長あいさつ

可能性は無限大

大阪府立 千里青雲高等学校

校長  浅尾 悦司

 千里青雲高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。校長の浅尾悦司(あさおえつじ)です。
 千里青雲高校は、大阪北部の千里丘陵、緑豊かな環境の中にあります。 敷地が広く、広大なグラウンド、2つの体育館、280名収容のホール、充実したトレーニングルームなど、府立高校においてトップクラスの施設を備えています。
 社会の多様化が進む中、次代を生き抜くための力をつける「総合学科」の高校として、2007年に開校した、まだまだ若い学校です。
 「普通科」高校より教員数が多いというメリットを生かし、少人数での習熟度別の授業や、いろいろな選択科目など、一人ひとりのニーズや学力に応じた教育を展開しています。さらに、「共生推進教室」を設置し、支援学校と連携してインクルーシブ教育を進め、豊かな人権感覚を育んでいます。

 めざす学校像は、「総合学科の特色を生かし、生涯を通じて学び続けることのできる学力を備え、社会に貢献し豊かに人生を送ることのできる人材を育成する学校」で次のような生徒を育てます。

  1. ◇ 進路を選ぶもとになる確かな学力をもち、一人ひとりが進路を実現させ、生涯ずっと学び続ける生徒。
  2. ◇ 自分で考え,自分で判断し,自分の考えをひとに伝える力をもち、知識をもとに自分の学びを深める生徒。
  3. ◇ 違いを認め合い「ともに学びともに育つ」、一人ひとりの存在を大切にできる生徒。

 そして、地域から信頼される「行きたい学校」、「行かせたい学校」をめざします。

 生徒たちは、校外での勉強合宿や校内での大勉強会など本校独自の取り組み「青雲道場」や、文章力、読解力を伸ばす「朝読書」などで着実に学力を身につけ、進路実現につなげています。また、部活動では8割を超える生徒が活発に活動し、青春を謳歌しています。さらに、社会で必要なルールやマナーを習得するための、きめ細かい生徒指導により、遅刻数が近隣の高校の中で極めて少なく、常に気持ちの良い挨拶が交わされるなど、校内には落ち着いた空気が満ち溢れています。

 ダイヤモンドの原石は磨いて初めて輝きます。ひとの可能性は無限大です。失敗してもかまいません。勇気をもっていろんなことに挑戦してみてください。何事もやってみないと可能性はゼロです。千里青雲高校は、「自分を磨きたい人」、「夢を実現したい人」を応援します。