英語HPへ

  • SSH
  • スーパーグローバルプログラム(SGP)

     本校は平成26年より5年間スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、世界を舞台に活躍できる創造的で活力のある将来のグローバルリーダーを育成すべく、様々な取組みを実施してまいりました。その経験をさらに継続・発展させ、本校独自の取組みとしてスーパーグローバルプログラム(SGP)を開講いたします。米国およびフィリピンでのビジネスプラン作成を目的とした海外研修を中心に、国内外の問題について深く考え、様々な人々と交流することで、論理的思考力、分析力、仮説をたて検証する力、そしてプレゼンテーション力を高め、総合的な問題解決力の向上をめざします。

    米国リーハイ大学・国連研修

     米国東海岸にある準アイビーの一つである名門リーハイ大学と提携し、ビジネスについて学ぶ海外特別研修。大学の寮に滞在しながら、ビジネスやリーダーシップについて大学教授の講義を受けます。そして、自分たちで考えたビジネスプランについてアドバイスをもらい、英語で発表を行います。また、企業訪問を行い、ニューヨーク市では国連本部での特別研修やウォール街、9.11メモリアルの視察などを行います。世界最先端のビジネスモデルを勉強し、世界の中枢と言われる米国の様子をみる絶好の機会です。

    フィリピン・リーダーシップ研修

     マニラ市のエンドラン大学と提携し、バディ制度(エンドラン大学生と1対1のペア)のもと、大学の寮に滞在しながら様々な活動を行い、SDGsについて考える海外研修。貧しい子供たちの住むコミュニティや国際機関であるアジア開発銀行に出かけ、途上国と言われる国の現状、国際支援の在り方などを学び、将来グローバルに活躍する広い視野とリーダーシップを育みます。

    SGHの歩み

     SGHのプログラムでは、国内外の社会問題を解決するビジネスプランを作成してきました。そのプランを日本政策金融公庫主催の高校生ビジネスプラン・グランプリに応募したところ、毎年全国100位以内の入賞者を出し、平成29年1月にはグランプリ(全国1位)に輝きました。SGPにおいても同様の取組みを行い、ビジネスプランを作成することで分析力、論理的思考力、発想力、協働力を培います。

    歴代ファイナリスト

    【これまでの高校生ビジネスプラン・グランプリの成績】
    ○第3回2015年度 応募数2,333件264校
      ファイナリスト(ベスト10)JAPINOY EDUCATION
      ベスト20 BANANICE
      ベスト100 ジャパタン傘、ここなっつどれっしんぐ、ココナッツで歯磨き⁈
    ○第4回2016年度 応募数2,662件324校
      ファイナリスト(ベスト10)ビビック → グランプリ(全国1位)獲得
      ベスト20 STOCKAN!!、Su-Windy
      ベスト100 オフィスクっ!
    ○第5回2017年度 応募数3,247件385校
      ベスト100 MORINGOOD!
    ○第6回2018年度 応募数4,359件396校
      ベスト100 Happy Life of Pets、SPODOG!
    ○第7回2019年度 応募数3,808件、409校
      ファイナリスト(ベスト10) PeriPeri
      ベスト100 BuKoCo、SOL