校長より

平成29年度 校長のご挨拶

校長 大阪府立狭山高等学校のwebページをご覧頂きましてありがとうございます。 この度、着任いたしました校長の栁井 淳(やない じゅん)でございます。よろしくお願いいたします。

本校は地元の要請を受け1980年に135番目の府立高校として現在の地に開校いたしました。「国際感覚を持った地域リーダーを養成する」との教育理念のもと、Glocal(グローカル)(国際化Global+地域密着Local)の双方に立脚した教育活動を実践し、国際教育の面では、韓国の景福高等学校及びオーストラリアのキャリー・バプテスト・カレッジの2校と姉妹校提携を結び、相互に異文化理解、語学研修等の交流を深める活動を行っています。他方、大阪狭山市で唯一の高等学校として、出前授業や清掃活動を通じた交流を行うとともに、狭山池まつりに学校をあげて参加するなど地域に根差した活動を積極的に展開しています。

また、多くの生徒が大学をめざす進学校ですので、少人数展開授業やICT機器を活用した授業を導入し、授業の理解度向上に努めています。加えて、国際化に向け英語4技能(聞く・読む・書く・話す)を伸ばすためにGlocal(グローカル) Room(ルーム)を設置し、大型の電子黒板やiPadを活用した授業、海外の学校とインターネットを介したICT授業や外国人講師と英会話食事会(English Lunch)等の多様な教育活動も行っています。

4月10日には、新入生320名(38期生)を迎え、さらに学校が活気にあふれ賑やかになりました。人生で最も多感で感受性も強く心身ともに大きく成長する高校生活を、より豊かなものするために「チームさやま」として教職員が一丸となって生徒一人ひとりを温かく見守り全力で支援したいと思います。

今後とも本校の教育方針にご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

平成29年4月            

大阪府立狭山高等学校長  栁井 淳

ページのトップへ