四條畷高校トップ画像

質の高い授業と確かな学力の育成

65分授業、週あたり35単位のカリキュラム

十分な学習時間を確保し、授業内容を充実させるために、65分X5限(月曜は6限)授業を実施。

コミュニケーション能力を育む取り組み

・実験・実習・発表を多く取り入れたアクティブラーニング型授業の導入。
・プレゼンテーション大会(霜月杯)、英語暗誦大会(如月杯)の実施。
・目標別少人数展開授業(英語・数学)、到達度別放課後補習、個別添削指導の実施。

探究活動の取り組み

SSH第Ⅱ期に指定

詳細はこちら

学習活動の充実

高校生活を支援する図書館

学習のみならず、部活動・行事・人間関係など生徒の学校生活を支援するための施設・蔵書構成です。
1日中開館しており、リクエストやレファレンスにも対応。
公共図書館との連携など学校内で公共図書館と同じサービスが受けられます。

文武両道を支える自習室

早朝7:30から放課後20:00まで利用可能な自習室があり、部活動との両立を支援しています。
卒業生がチューターとして、生徒の様々な質問に応えて、自学を応援しています。

自分の意見を英語で

コミュニケーションルームでは電子黒板やタブレットを使った英語でのプレゼンテーションの授業を行っています。
また、英語の授業ではオールイングリッシュの取り組みも行っています。