08.19 Fit´s DANCE STADIUM

 

 

高校ダンス部の日本一を決める、第7回日本高校ダンス部選手権の全国決勝大会が、

19日パシフィコ横浜国立大ホールで開催されました。
全国7地区で行われた地区予選大会には過去最多の349チームがエントリーし、全国決勝大会には、

2〜9名で構成するスモールクラスに24チームと、10名以上で構成するビッククラスに39チームの、計63チームが進出しました。
私たち2年生は予選を勝ち抜き、18日の朝からバスで横浜に向かいました。

全国は私たちにとって初の遠征で、尚且つ、春名先生がお仕事の都合で一緒に横浜に行かせていただくことが出来ず、

出発前からずっと不安でいっぱいでした。
しかし、出発の時に、先生や先輩方、後輩たちに背中を押していただき、本当に頑張ろうと思いました。
バスの中では、練習の時の映像を見たり、音を聞いてイメージをしたり、1日動けない分、何度もシミュレーションをしました。
ホテルについてからも、1つの部屋に集まってミーティングをして、付き添いで来てくださっていた、

ダンス部OBの星野先輩からもパワーをいただき、本番に向けて気持ちを高めました。
本番に使う道具の確認や、1日座っていて固まってしまった体のケアなどもお互いで気を付けあいました。

当日の朝は、お客さんに勇気と希望を伝えたいという気持ちで会場へ向かいました。
会場は、沢山の選手や応援に来ている人の熱気で溢れていました。
他の学校の演技を客席の一番前の真ん中で見させて頂くことができ、とても刺激を受けました。

どの学校も、凄いパワーと迫力で圧倒され、緊張•不安の気持ちが大きくなりました。
本番前に全員で円になり、手を繋いだ時、今までやってきたこと、先輩方の悔しかった想いを全部ぶつけようと、皆の心が一つになりました。
そして、『勢い』という合言葉を胸に、演技に向かいました。

人の多さ、舞台の狭さに動揺してしまい、練習ではなかったミスも出てしまいました。
自分たちの思ったような演技が出来ず、諦めかけていました。
結果発表では、次々と学校名が呼ばれていき、ついにビッククラス優勝校発表... 

  fits1.bmp  hyousyou1.bmp

『エントリーNo.19 大阪府立今宮高校‼』と呼ばれた時の驚きや感動、安心感は、今でも鮮明に覚えています。
皆で舞台に上がったとき、ここまで34人全員で頑張ってきて本当によかったと思いました。
再演技では、レーザー光線を浴び、心から楽しく踊ることが出来ました。

soiya.bmp  torf11111111.bmp 

念願の二冠達成ができ、ここまで来れたのは、先生•両親•先輩、支えて下さった沢山の方々のおかげです。
この気持ちを忘れず、今度は9月13日にある文化祭の成功に向け、1.2年生で頑張っていきます!
応援、本当にありがとうございます!