球技大会 5月24日 晴天

コロナウイルス感染症蔓延の影響で、一昨年は休校中につき中止、昨年は学年によって時差をつけるとともに種目をバレーボールとドッジボールのみに限定して実施しましたが、今年は、3年ぶりにサッカー、ハンドボール等の種目を加えて盛大に開催しました。

 これ以上もない晴天。初夏を思わせる日差しと熱気。感染対策と熱中症対策という両極の安全対策にも細心の注意と神経を使いながら、そして生徒たちの自覚によって、大きな事故なく終了することができました。

 開会式での校長先生のお話に、「何の利害もなく、集団がひとつになって勝利を求めていくような経験は、高校時代にしかない。」ということがありました。手伝ってくれていた教育実習生が、その言葉に、とても共感していたのが印象に残っています。

各クラスそれぞれに個性のあるクラティ(クラスTシャツ)を用意し、一体感を醸しています。競技に勝っても負けても、クラスメイトと一体になって取り組んだ充実感に満たされた表情が、こちらも嬉しい気持ちにさせてくれました。

  P5243095.JPGP5243247.JPG