金属のイオン化傾向を調べる実験を行いました。

第一学年の化学基礎で、今学期 最後の実験を行いました。

実験の内容は、『金属のイオン化傾向』です。

具体的には、「金属樹の析出」 と 検流計を用いた「電子の移動の確認」によって、金属のイオン化傾向の違いに迫りました。

銅線を硝酸銀水溶液に浸すことで、見事な銀樹の生成に成功しました。

析出した金属樹を見た生徒たちは、「綺麗!」などと言い、嬉しそうな表情を浮かべていました。

目に見える形で学習できることは、深い学びにつながりますね!

カレンダー

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリ