気象警報発令時、交通機関の乱れによる本校の対応

暴風警報が発令された場合の対応>
特別警報は暴風警報と同じ扱いとします。
午前7時00分現在、暴風警報が発令中の場合は登校せずに、
警報が解除されるまで自宅で待機とします。

②テレビ・ラジオに注意して、大阪府教育委員会の指示がある場合は、
それに従います。

午前10時(4限までの授業の時は9時)までに
暴風警報が解除された場合は、速やかに登校してください。
(解除2時間後から授業を行います。)

④午前10時(4限までの授業の時は9時)を過ぎても
暴風警報が解除されない場合臨時休校とします。

JR阪和線(日根野⇔和泉鳥取間)が運休の場合の対応>
午前7時00分現在、JR阪和線(日根野⇔和泉鳥取間)が運転を見合わせている場合は登校せずに運転が再開されるまで自宅で待機とします。

午前10時(4限までの授業の時は9時)までに
運転が再開された場合は、速やかに登校してください。
(再開2時間後から授業を行います。)

③午前10時(4限までの授業の時は9時)を過ぎても
運転が再開されない場合は臨時休校とします。