校長挨拶

ようこそ布施北高校へ

 本校は、昭和53年に荒本の地に開校し、地域と共に教育活動を進め、本年度で40年目となりました。12月には創立40周年としての記念行事も計画しており、一つの区切りを迎え、さらに充実した教育活動を進めていきたいと考えています。
 今年度4月より、大阪府で6番目の「エンパワメントスクール」として新たな生徒を受け入れ、基礎基本の学力育成と先進的なキャリア教育に力を入れる「デュアルエンパワメントスクール」としてさらに一歩を踏み出すべく教育活動を進めています。
 本校の最大の特徴は、平成16年度からスタートした「デュアルシステム」です。「日本版デュアルシステム研究校」から「デュアルシステム専門コース」の設置、さらに、平成25年度からは「デュアル総合学科」の設置へと、地域の皆様の協力を得ながらその歩を進め、大きな成果を収めてまいりました。今後は「デュアルエンパワメントスクール」として、今までの成果を継承しながら、地域とともに子どもたちを育てていきたいと考えています。
 学校生活では、今年も、1学期の体育祭、2学期の北辰祭と、特に3年生を中心に力を合わせ、昨年度以上に充実したものとなることを期待しています。普通科、デュアル総合学科、そして、エンパワメントスクール総合学科の3つの学科があり、それぞれの教育課程で学びながらも、行事などでは学科を越えて一つのまとまりとなって競い合いながらも楽しんで取り組む姿がみられることと思います。
 これまでの本校での取り組みを継承しながらもさらに充実した教育とし、生徒たちが生き生きとした学校生活を送り、社会へと羽ばたいていける、そんな学校をめざしていきます。今後とも変わらぬご支援をお願いいたします。

平成29年4月
大阪府立布施北高等学校
校長 白木原 亘

このページのトップへ