学習について

デュアル総合学科の学習
普通科の学習・教育課程

デュアル総合学科の学習

企業・施設での長期実習で「ほんまもん」を体験
一人ひとりの進路選択を支援し、「生きる力」「人間力」を育てます。

本校では、100社以上のさまざまな分野の企業・施設と連携し、地域と学校が一体になって、生徒の将来の職業生活を見据えた「社会力」や「コミュニケーション力」を育成しています。デュアルシステムとは、社会の実際の姿を知り、自分の世界を広げ、可能性を試し、そのうえで自分の適性を知り、自信をつけてもらいたい。そんなチャンスのある教育活動です。授業だけでなく、協定書調印式・職場見学・デュアル実習発表会・修了式などの行事や、地域のイベントへの協力参加などもあります。生徒たちが地域でも活躍し、地域から若いエネルギー、パワーを期待されています。

全国初の普通科デュアルシステム
平成16~18年度      文部科学省「日本版デュアルシステム」研究指定
平成18年度      大阪府教育委員会 「デュアルシステム専門コース」設置
平成19年度      キャリア教育の実践と貢献で大阪府教育委員会表彰
平成22年度      キャリア教育優良で文部科学大臣表彰
平成25年度      デュアル総合学科(80名)設置

デュアル総合学科教育目標
①基礎学力
    「読み」「書き」「計算」など社会で必要な学力の定着
②キャリア教育
    社会の「ほんまもん」に触れる実習・演習・講義などでキャリアデザイン形成を支援
③進路実現・自立
    「ルール」「マナー」を守る心を構えて、就職・専門学校・大学への希望進路を実現

デュアル総合学科の授業内容

デュアル実習Ⅰ(2年)
デュアル実習Ⅱ(3年)
1年間通して、週1回丸1日、地域の企業・施設で社会の一員として、仕事や社会の体験をし、自分を鍛えます。「製造」「教育・保育」「福祉・介護」「販売・営業・サービス」の4つの分野があり、2年生では前期と後期で実習先を変更するので、幅広い分野の体験が可能です。
キャリア基礎(1年)
デュアル基礎(2年)
デュアル演習(3年)
実習に対する振り返りや目標設定をしたり、基礎学力とビジネスマナーの定着をはかります。社会人による講演・演習を取入れ、社会や仕事の仕組みを学習します。コミュニケーション力、課題解決力、プレゼンテーション力などを育成します。またグループワークを取り入れ参加型の授業です。
選択科目
1年  1科目
2年  2科目
3年  3科目
漢字や英語、福祉等に応じた資格取得を目指す科目や、進路希望を実現するための科目、興味関心を高める科目を開講し、自由に選択できます。国語基礎、漢字検定講座、英語検定講座、情報デザイン、手話・点字、ビジネス演習、簿記、国語演習、英語演習、子どもの発達と保育、基礎看護、第2外国語(中国語)、日本文化研究、時事問題、造形基礎など開講予定しています。
   

普通科の学習・教育課程

基礎から学ぶことで可能性を広げる教育を

本校の授業の特長は「基本から学び直す」というところにあります。最初から学ぶ、自分がつまずいたところまで戻り、学び直すことで、「勉強のおもしろさ」や「学ぶことの楽しさ」を発見することができます。そして、もっと勉強したい、もっと学ぶことを続けたいと、多くの生徒が大学や専門学校に進学します。また、3年間で学んだことを社会で活かしたいと就職を希望する生徒も多く、様々な分野に進み活躍しています。

普通科自由選択科目
(3年生で進路・興味や関心に応じて3科目6単位を選択します)

[学]古典講読 [学]小論文演習 [学]国語演習 日本史B 倫理
[学]総合社会 数学B [学]数学演習 物理基礎 化学
[学]理科演習 [学]スポーツライフ 音楽Ⅲ 美術Ⅲ 書道Ⅲ
工芸Ⅰ [学]ソルフェージュ [学]造形基礎 [学]生活に生かす書 [学]英語演習
[学]手芸基礎 情報の科学 [学]情報演習Ⅱ    

※[学]・・・学科設定科目

このページのトップへ