大阪府立西成高等学校について

大阪府立西成高等学校は、1974年に開校しました。当初は全日制普通科でしたが、2003年より普通科総合選択制に改編、2006年には知的障がい生徒自立支援コースが設置されました。2014年からは総合学科エンパワメントスクールへと改編し、2018年現在、全校生徒560名が自分の進路実現に向け努力しています。

学校行事 / 文化祭や体育祭、宿泊研修は大事な思い出に

年間スケジュール
4月 入学式 対面式 クラブ体験 三者面談
5月 校外学習 中間考査 ナニワ企業団地見学
6月 体育祭 面接練習・テスト
7月 期末考査
8月 応募前職場見学 インターンシップ
9月 就職試験激励会 三者面談
10月 中間考査
11月 文化祭 創立記念日 宿泊研修
12月 期末考査 学校保健委員会
1月 学力診断テスト
2月 学年末考査
3月 卒業式


クラブ活動 / 様々な部活動。学校生活をより楽しく。

>大阪府立西成高等学校部活動に係る活動方針


運動部
柔道 / 卓球 / 水泳 / サッカー / 硬式野球 / ソフトテニス / バスケットボール / バレーボール / 硬式テニス / 陸上競技 / ソフトボール / バドミントン / ラグビー

文化部
美術 / 工芸 / 朝鮮文化研究 / 軽音楽 / 放送 / 漫画研究 / ヒューマンライツ / 書道 / 吹奏楽 / ボランティア / パソコン / 茶道 / 家庭科 / 科学

進路指導

1年生のときから進路について考えていきます。2年では、インターンシップや面接練習に取り組みます。進路に向けて本格化してくる3年では、応募前職場見学や、履歴書指導、面接指導など、様々な進路実現に向けた活動を、各クラス2人いる担任や進路担当教員、専門のキャリアコンサルタントがサポートします。

>進路指導のページへ

自立支援コース

「ともに学び、ともに育つ」をキーワードに、総合学科のカリキュラムを基本にしながら生徒個々の状況や進路希望に応じて学習活動を進めています。

>自立支援コースのページへ

居場所カフェ

本校では、「居場所カフェ」があります。居場所カフェは、飲み物を飲みながら、学校の中で、気持ちを「のんびり」落ち着け、「ゆったり」と保つことができる場所です。また自分のことを話すことで、思っていることを整理できる空間となっています。パンとコーヒーを提供する「朝カフェ」や昼食時にはおにぎりを自分たちで作って食べるカフェの日もあります。また、いろいろな相談ができる空間にもなっています。

人権学習

ひとりひとりのちがいを認め合いながら、だれもが安心して生活できる学校であるために、入学時から人権やなかまについて学んでいきます。反貧困学習をはじめとする西成高校ならではのプログラムも実施しています。