校舎

校長挨拶

定時制課程の校長ようこそ 堺工科高等学校 定時制の課程 ホームページへ

平成29年度4月に、准校長として着任いたしました中田浩史です。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は、昭和15年に夜間部として設立された伝統校です。昭和25年には夜間部を、府立堺工業高等学校定時制課程と改名しました。 その後、平成17年4月に府立堺工科高等学校が開校し、定時制の課程は工業科から「ひと」、「もの」、「みらい」の3系列を持つ総合学科 になりました。

パソコンを中心とし情報関連と人間関係をテーマとした「ひと」系列。

機械科・電気科の伝統を生かし、ものづくりを楽しみながら技術を身につける「もの」系列。

電気工事士や危険物取扱者などの資格取得を支援する「みらい」系列。

工業高校から培った専門的な学習内容を残しつつ、さらに、学生諸君が、興味・関心が持てるような科目を揃え、各々の個性に合った学習を通して、学ぶことの楽しさや成就感を体験することができます。

また、本校の目標は、「自立した社会人、地域に信頼され、期待される社会人」の育成です。「ものづくり」の学びを核に、基礎学力をしっかりと身につけるよう、一人ひとり丁寧に指導し、自己実現をサポートします。「働きながら学ぶ」ことを大切にして、基本的生活習慣やルール・マナーなどの規範意識を身につけ、進学・就職の進路実現へ導きます。地域と連携し、地域の教育力を最大限に活かした教育活動を通して、豊かな心と人権感覚を養い社会に貢献できる自信をつけます。

以上の3つを柱にすえて、教育活動に取り組んでいきます。

また、先生と生徒との距離が近い事も、本校の強みです。面倒見のよい先生、情熱あふれた先生が多く、のびのびした雰囲気で安心して学校生活を送ることができます。本校独自のユニークな科目は、学校設定科目「堺学」でしょう。伝統工芸士や指導者から、ものづくりの製作指導を受けることができ、製品の箱詰め作業から商品化、価格の決定、販売実習までを実地で体験できます。

充実した設備と、きめ細かな指導の下で、クラブ部活動やボランティア活動等を通して、ものづくりを働きながら学ぶ事ができ、多方面で本校の生徒が活躍しています。

今後とも、地域に根ざした魅力ある学校づくりを勧め、「自立した社会人、地域に信頼され、期待される社会人」の育成をめざしていきます。業界、地域の皆さまをはじめ、保護者や同窓会の方々には、一層のご理解とご支援をお願いします。

▲PAGE TOP