沿革

TOP > 沿革

大阪府立成城高等学校 定時制の課程 沿革

昭和34年4月 大阪府立成城工業高等学校(全日制の課程 機械工学科・電子工業科)開校
昭和38年4月 大阪府立成城工業高等学校(定時制の課程 機械工学科)設置
企業内訓練校と連携し、「技能連携教育」を推進
昭和43年4月 大阪総合職業訓練所(大阪総合高等職業訓練校)と連携
昭和47年4月 定時制の課程 機械工学科(一般学級1クラス、連携学級1クラスに)
昭和49年9月 大阪城東ロータリークラブより青年功績者表彰(模範勤労生徒)創設
平成元年4月 大阪府立東大阪高等職業技術訓練校(テクノセンター東大阪)と技能連携
平成17年4月 大阪府立成城高等学校 多部制単位制総合学科 Ⅲ部に改編
平成19年4月 定時制棟(新棟)完成
平成24年4月 大阪府立成城高等学校 定時制の課程 総合学科に改編