今高祭 報告

9月9日、10日に今高祭がありました。 初日の9日はオープニングで踊らせていただき、沢山の方に手拍子、声援を送ってもらい、楽しい文化祭がスタートしました。

1476934990371-768x576.jpg

2日目の10日は、体育館、多目的ホールでいくつかの作品を披露させていただき、学校関係者以外の方も足を運んでくださり、沢山の方に作品を見ていただけたことを本当に嬉しく思います。体育館では、ソーラン、今宮忍者屋敷を披露させていただきました。部員全員で踊るソーランは今回が初めてで、大きな舞台で緊張しましたが、皆さんの声援が力になり、最後まで全力で踊ることができました。

1473497000947-1108x831.jpg

続く今宮忍者屋敷は、夏の成果を一番いい形で皆さんにお見せすることを目標に踊らせていただきました。最大の見せ場であるカラクリのシーンでは、一番の歓声をいただき、後半の演技に更に気合いが入りました。東京体育館で披露したこの作品を今高祭で披露できたことに感謝したいです。

1473497042277-1108x831.jpg
多目的ホールでは、 ダースベーダー 1年生新作ロック RAD 2年生新作hip-hop shout を披露させていただきました。 今年の演目のテーマは「shout」ということで、どの作品も全力でパワーみなぎる演技をお見せできたと思います。
ダースベーダーでは、夏の全国大会、パシフィコ横浜で披露した沢山の思いが詰まった演技を皆さんにぶつけることができました。今までに挑戦したことのない技、パワフルな振り、迫力満点の表情を武器に私たちは戦ってきました。皆さんと距離が近いステージだったので、表情や気迫は十分伝わったと実感しています。
先輩方の作品でもあるRADは、新たな十八番として、初めての披露でしたが精一杯踊ることができました。自分達の代で、今高祭という舞台で踊れたことを光栄に思います。1、2年生共に新作も披露させていただき、夏休み明けからの短い練習期間ではありましたが、衣装や曲にまでこだわった甲斐があり、頑張ってよかったなと改めて思いました。
ラストは赤いTシャツを身にまとい、皆さんのおかげでフィナーレにふさわしい盛り上がりとなり、最高の演目となりました。
2日間にわたった今高祭で、数々の演目を踊らせていただき、沢山の声援や手拍子をいただきました。通常のイベント以上に盛り上がり、踊っている私たちもいつも以上に気合いが入って、自分達の力を出し切ることができました。本当に皆さんのおかげです。 ありがとうございました。