学校紹介

学校沿革

桃谷高校には、様々な経験をして入学してくる生徒が多く在籍しています。
また、多部制単位制は、他の課程とは違う様々な特徴があり、桃谷高校の多部制単位制 I部・II部も他の多部制単位制とは異なる独自の特徴が多くあります。

本校の特徴

 本校には、定時制の課程と通信制の課程という2課程があります。

 定時制の課程は、平成17年度より多部制単位制高校(クリエイティブスクール)として改編され、その中には「Ⅰ部(午前)」・「Ⅱ部(午後)」・「Ⅲ部(夜間)」があります。

 通信制の課程の中には、月曜・水曜・金曜の午後にスクーリングがある「昼間部」と、日曜の午前・午後と月曜・金曜の夜間にスクーリングのある「日・夜間部」があります。
(通信制の詳細は桃谷高校通信制のホームページをご覧ください→こちら

 つまり、桃谷高校は2課程5部が同じ校舎にある学校です。

多部制単位制の特徴

 単位制という柔軟な教育システムを活かすことにより、進路や興味関心に合わせて、一人ひとり自分の時間割で主体的に学びを進め、卒業をめざすことができる学校です。

 授業時間帯はⅠ部(午前)、Ⅱ部(午後)、Ⅲ部(夜間)に分かれており、Ⅰ部とⅡ部は「昼間の学校」、Ⅲ部は「夜間の学校」という位置づけており、それぞれ所属する部以外の他部で開講されている授業を受講することもできます。

 今までの定時制としてのノウハウと単位制の先進校としての教育システムを生かして、生徒の自己実現をサポートします。

本校(Ⅰ部・Ⅱ部)の仕組み

  • 入学

    4月(春期)と10月(秋期)の2回の入学機会があります。
    転入学、編入学も2回の入学機会があります。

  • 学習

    Ⅰ部・Ⅱ部とも1日4時間の授業を受け、4年間で卒業を目指すことが基本です。
    所属の部や課程を超えて学習することで、3年間で卒業することが可能です。
    Ⅰ部所属はⅡ部・Ⅲ部/通信制の授業を、Ⅱ部所属はⅠ部・Ⅲ部/通信制の授業を選ぶことができます。

  • 単位認定

    単位の認定は前期末(9月)と後期末(3月)の年2回行います
    高等学校卒業程度認定試験に合格した科目や、各種技能審査の成果による単位も行っています。
    過去に在籍した高校の修得単位を引き継ぐことができます(転入学・編入学)

  • 卒業

    前期卒業(9月)と後期卒業(3月)の年2回の卒業があります。

本校の校則について

 本校は、服装、頭髪等に関する校則はありません。しかし、人権を大切にし、社会人として必要な規範意識をもつ生徒の育成という本校の指導方針に基づき、喫煙・飲酒、暴力・恐喝等の法にふれる行為、無許可での単車・自動車通学、試験における不正行為、他の生徒に迷惑をかける行為、いじめなどの他者の人権を侵害する行為、その他社会通念上の常識を逸脱した行為については、学校として指導します。

在校生の方へ 卒業生の方へ 学校運営協議会 学校教育自己診断 学校経営計画