6.14 FINALIVE vol.16

 

6月14日、この日開催したFINALIVE vol.16 「GEAR」

open.jpg 
 
このLIVEを、今までの2年半の活動の集大成とし、私たち3年生34人は引退しました。
去年と同様、二回公演を行わせていただき、
当日は一部、二部ともにたくさんの方が足を運んでくださいました。
それぞれ違った雰囲気でしたが、
どちらの公演も最初から最後までたくさんの声援で盛り上げていただき、
最高の形で自分たちのすべてを発揮することができました。
この2時間は人生の中で忘れられないものとなりました。

house.jpg one.jpg
 
2年半を思い返すと、嬉しかったことや辛かったことが
言い出すときりがないほどよみがえり、まぶたの裏がじんと熱くなりました。

zenhip.jpg menba.jpg
 
so-ran.jpg korekabuki.jpg
 
1年生。憧れのダンス部に入部し、分からないことだらけでしたが、
希望を胸に、先輩の背中を追い続けました。
初めて舞台に立った時の楽しさは今でも忘れられません。
 
2年生。初めての後輩ができ、部活を引っ張っていく責任感、
自分たちが主体性を持って行動することの難しさを知り、試行錯誤する毎日でした。
夏には、二度の全国優勝、冬には念願だったNHKスクールライブショーへの出場、
3月にはアメリカのテキサス、ロサンゼルスの二つの大会に全員で出場し、2大会ともに総合優勝することができました。

rassu.jpg rassunnzeninn.jpg
 
練習を積み重ねていくなかで、34人全員の気持ちを一つにするのは難しく、何度も対立したこと。
その度に、どうすれば心を一つにすることができるのか、何度もミーティングをした日々。
みんなで、嬉しさ、楽しさ、喜び、色々な気持ちを共有しあったこと。
すべて、今はかけがえのない思い出となっています。
 
jahip.jpg jaja.jpg
 
jarock.jpg vol.jpg
 
一つ一つの物事を流さずに考える。自分のすることに最後まで責任を持つ。
本気になって仲間に向かう。後輩を育てる。いま、自分が何をすべきかを考え行動する。
どれも難しく、何もできない自分が悔しく、失望したり、いろんな方に迷惑をかけたり、
どうすれば良いのか不安でいっぱいになることもありました。

fi.jpg sousyoku.jpg
 
しかし、その度にいろんな方に支えていただき、なにより、
この仲間たちがいたからこそ、私たちはここまでくることができました。
本当にありがとうございました。
 
anko-ru.jpg