野球部 、履正社に敗退

4月29日(日)、野球部、履正社に敗退

本気で甲子園を目指している2回戦の相手は優勝候補の履正社でした。

本校の先発は1年生の正木投手、コントロールがよいということでの大抜擢です。まず初回の履正社打線を0点に抑えました。相手の投手は左の速球派。簡単にはヒットを打てそうにありません。2回には、ピッチャーの暴投と犠牲フライで2点の先取点与えてしまいました。3回から継投した3年生東恩納投手は相手バッターのタイミングを外していましたが、4回にはツーランホームランを2本浴びてしまいました。ただし、5回にはダブルプレーでピンチをしのぎました。そして5回の裏の本校の攻撃です。先頭の山中キャプテンが四球を選び、2年生の松岡選手のヒットと盗塁で1死2・3塁のチャンスを作りました。バッターは3年生の後藤田選手。コンパクトに振り抜いた打球は1・2塁間をゴロで破る見事なタイムリーヒットでした。まだ1・3塁のチャンスは続いています。1塁ランナーが走り、相手キャッチャーが2塁に向かって送球します。その隙に3塁ランナーが本塁に生還しました。見事な連係プレーです。2対6になり、観客席からもどよめきが起こりました。しかし、そこから底力を発揮したのが履正社でした。エース番号の3番手山根投手に襲い掛かり、6・7回で5点を奪われてしまいました。何とか、7回コールド負けを防ぐためにも、7回裏の攻撃に出ますが、最後のバッターが三振し、ゲームセットとなってしまいました。

3年生にはもう、夏の大会しか残っていません。負けた瞬間から、夏に向かってチームは再出発です。

     20180429野球部 1回戦敗退1