8月26日(日)、サッカー部、初戦で涙

8月26日(日)、サッカー部、初戦で涙

気温36度の池田高校のグラウンド、8月26日(日)のサッカー部は初戦で敗退し、2人の3年生の引退が決まってしましました。

キャプテン藤本を中心によく練習するサッカー部員たちです。3年生は2人ですが、この藤本と鳥井口がチームをよくまとめています。初戦の相手は英真高校でした。3トップのFWは体格もあり、どんどん攻めてきます。前半早々に2点のビハインドでした。しかし、2年生坂上がドリブルで持ち込み、シュートも決め、1対2としました。応援席も、ベントも盛り上がりましたが、その後、相手にシュートを決められ、前半は1対3でした。ハーフタイム、ベンチからは「普段通り、パスをつなごう」と指示が出ます。そして、後半が始まり、先にシュートを決めたのは相手チームでした。しかし、そこからも諦めずに相手ゴール前には何度も行く、本校生。相手のディフェンスも厳しくゴール割ることは出来ず、試合終了のホイッスルが鳴ってしまいました。スコアは1対4ですが、十分に勝機があっただけに悔しい敗退となってしまいました。

20180826_サッカー1 20180826_サッカー5 20180826_サッカー4 20180826_サッカー6 20180826_サッカー3