校長挨拶

ようこそ布施北高校へ

 大阪府立布施北高等学校の、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
 コロナウイルス感染症の影響が続く中、今年度は、コロナ禍以前の当たり前の教育活動が徐々に行えるようになり、嬉しく思います。今後も、生徒の皆さんが、充実した教育活動を行えるよう、工夫していきたいと思います。

 本校は、昭和53年(1978年)に普通科高校として開校し、平成18年度(2006年)にデュアルシステム専門コース設置、平成25年度(2013年)にデュアル総合学科(80名)設置、そして平成29年度(2017年)に大阪府で6番目の「エンパワメントスクール」となり、現在に至ります
 本校の特色は、①基礎基本の確かな学力の育成、②多文化理解をはじめとする人権教育、③デュアルシステム(学校と実社会での学び)を中心とする全国でも先進的なキャリア教育、の3つで、「自己を高める力」「人とつながる力」「社会に貢献する力」の育成をめざしています。

 「エンパワメント」という言葉には、「湧活(ゆうかつ)」の意味があります。これは、「人が本来持っている、生きる力となる能力や可能性を湧き出させること」です。しかし、秘めた能力や可能性を持っているにも関わらず、さまざまな理由で発揮できなかったり、気づかないまま眠らせていたり、自分自身で「限界値」を設定してしまい、「できる」のに、「無理」、「できない」、「しんどいから嫌」、と自らの可能性を閉ざしてしまうことがあります。これはとても、残念なことです。
 生徒の皆さんが、高校生活の中で、ありのままの自分が持つ力や可能性の素晴らしさに気づき、客観的に自分を見つめ、「もう少し頑張ってみよう。」「勇気を持って、さらに挑戦してみよう。」と思えたら素敵です。そして、自己実現・希望する進路実現をしてほしいと思います。
 私たち教職員は、これまでの本校での取り組みを継承したうえでさらに発展させていき、生徒たちが生き生きとした学校生活を送り、一人ひとりが、自分の潜在能力を開花させ、「自立して社会を生き抜く力」を持ち、タフに人生を生きていける、そんな学校をめざしていきます。

 保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様等におかれましては、これからも一層のご理解とご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

令和4年4月
大阪府立布施北高等学校
校長 村田 知子

このページのトップへ