学校生活

 生活指導の方針

 ルールや時間を自ら守り、学習の場を美しく保ち、人間関係において他者の人格を尊重することは学校生活の根幹です。 また、このような基本的生活習慣は、生徒一人一人の進路目標の実現にとっても、卒業後の社会生活にとっても欠かすことのできないものと考えます。 そこで、日常の小さなこともおろそかにせず、生徒の自覚を促しながら、きっちりとした指導をしています。

  生活指導の3つの柱

  1.遅刻指導 本校では1限目(8:40)からきちんと授業を受けるため、8:30以降を遅刻として指導しています。遅刻総数は、府立高校の中でも大変少ない数です。
  2.服装指導 制服を定めています。男子は白カッターシャツに詰襟学生服、女子は白カッターシャツにマーク付きブレザーを着用しています。 なお、季節の変わり目には学校指定のセーター・カーディガン・サマーベストなども制服と認め、通学時の着用を許可しています。
  2.頭髪指導 染色、脱色、パーマ、付け毛などは一切禁じています。本校では、自然な髪のまま手を加えず、清潔さを保つのが大切と考えて指導しています。

新制服(平成28年度入学生より)

平成28年、創立40周年を記念し制服を全面リニューアル。女子のスラックスも導入しました。

指定された制服(学生服・ブレザー・セーター・カーディガン・カッターシャツ)であれば、期間に関係なく着用が可能。式典時については、指示がある。

上下とも濃紺です。女子はスラックスも選べます。
カッターシャツは白と水色の2色から選べます。

夏服です。
半袖カッターシャツも白と水色の2色から選べます。

カッターシャツはボタンダウンで、上着のアクセントと同じカラーテープが前立てにあしらわれています。

上着はToneyamaの刺繍入りです。
本校のスクールカラーであるオレンジ色を真中にあしらったカラーテープがアクセントについています。

スカートは濃紺地に
細いストライプ、
左下には新しい刀根山の
ロゴマークが入っています。

長そでセーター。
胸にTUSS(Toneyama Upper Secondary School)の刺繍入りです

白セーターの上にブレザーを
はおったところです。
リボンは紺地に白とからし色の
ストライプ。

ベスト。
こちらも胸に「TUSS」の刺繍入りです。

スラックスも選択できます

冬服です。

夏服です。

セーター・カーディガンです。


 学校生活フォトギャラリー


学校前の坂道(通称刀根山坂)

朝のあいさつ運動実施中

先生、はいっ!

図書室で読書&自習中


お昼休み 「食堂行こっか!」

食堂 屋外テラス席(左) 屋内(右)

情報(LAN)教室


 

通用門を通って登校中

問題集を見ながら?下校中

このページのトップへ