学校長挨拶

学校長

 皆さん、こんにちは。
 日ごろは本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り、感謝申し上げます。この場をお借りして御礼申し上げます。また、本校のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 さて、本校は昭和49年に開校し、創立46年目を迎えます。時代は「平成」から「令和」へと受け継がれていきますが、社会で求められている人材は時代の境界を越え、引き続きコミュニケーション力豊かな人材です。人工知能(以下AI)の発展とともに、多くのことがAIに置き換えられていく中でも、人にしかできないことは多々あります。だからこそ、高い志を持ち、常に前を見つめながら邁進できる人材となることが必要になります。
 本校では教育方針として「人格の完成をめざし、個性豊かな人間を育成する」を掲げています。自ら大きな夢や目標を持ち、社会に貢献するために何ができるかを主体的に考えられる豊かな個性が育まれるよう、日ごろから、基本的な生活習慣の確立はもちろん、基礎・基本を大切にした学習を行うことにより、社会で生き抜く力を育成しています。特に1年次では、募集クラスよりも1クラス増やしたクラス編成を行うことで、少人数授業を実現し、基礎・基本の定着をはかっています。2年次では保育専門コースの他に、文系・理系の2つの類型を設定し、より具体的に進路を考えられるようにしています。3年次では、2年次の類型を基本としながら、より実態にあった類型を設け、主体的に将来を考えながら生活できる環境を整えています。
 また、育てたい生徒像をCreation、Confidence、Challengeの3つCに託しています。Creationには、個性豊かで創造力溢れた人として成長してほしいという願いと、豊かな発想力を宿した人になって欲しいという思いを込めています。Confidenceには、自他を敬愛し、自らを律し、責任感を持って行動できる人として成長してほしいという思いを込めています。最後のChallengeには、向上心を持って何事にも恐れず立ち向かい、常に挑戦する心を忘れないで欲しいという思いを込めています。そして、知・徳・体のバランスのとれた「人間力」を育んで欲しいと考えています。そして、全ての人の可能性が無限大であるように、誰もが誰かの「ドリー夢メーカー」となれるような広い心を持った人になって欲しいと願っています。
 本校は島本町にある唯一の公立高等学校です。その中にあって、島本町の誇れる学校であるように、地域に根差しながらも、愛されかつ信頼される学校として教職員一同、一丸となって邁進してまいります。今後とも、暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

平成31年4月1日