校長挨拶

「千里から世界へ 未来への航海」

 この4月に着任しました天野 誠です。 早くも千里高校の魅力に取りつかれ、わくわくした日々を過ごしています。 まだ3日に入学した新入生しか見ていませんが、 その入学式の準備をした2・3年生のてきぱきとした動きを感心しながら、見つめていました。

 左図は本校の校章です。近代的かつおしゃれな高校らしく、 他に類のない斬新さをすっきりとしたシンプルなフォルムに求めています。 またダイナミックな構成は若人の溌剌さを象徴しています。 形は千里高校のセから出発し、千里丘陵を緑に彩る歳寒三友の一つである 竹の葉の形と竹の弾性とを構造的に取り入れています。 竹は冬の厳しい寒さの中でも色あせず、しかもどんな時でもしなやかです。 本校の生徒の象徴として、誠にふさわしい素材です。

 国際文化科・総合科学科、いずれの学科も「千里から世界へ 未来への航海」を 合言葉としてグローバルに活躍できる人材を育成するための研究を進めています。
  • 国際文化科は語学力・国際力・探究力の三力を総合し、深い国際理解で世界に発信する力の育成をめざします。
  • 総合科学科は好奇心・冒険心・探究心の三力を総合し、科学の力で世界に発信する力の育成をめざします。
どうぞ今後の千里高生の活躍にこうご期待。




△トップへ戻る



学校経営計画
千里高校について知る
トップページ
学校案内
学校長挨拶
国際・科学高校とは
国際文化科とは
国際文化科カリキュラム
総合科学科とは
総合科学科カリキュラム
若竹セミナー
よくある質問(FAQ)
進路状況
新入生の声
説明会・Open Day
千里サマースクール
クラブ活動
行事予定
TOPICS
アクセス地図