12月24日(木) 2学期終業式

 

今日は2学期の終業式でした。

最初の校長先生からのお話はとても興味深いもので、「これからのグローバル社会をどう生きるか」と、いったような趣旨の話でした。日本にいる外国人の方が増え今まで当たり前のように通っていた阿吽の呼吸も通用しなくなりつつある世界が現実にあるということにとても驚きました!今まで「わかってくれるだろう」といったことなどが通用しなくなり、もっともっと世の中、世界は厳しくなる、そのためには私たちがしなければならないことは何なのか、というお話でした。人の気持ちを考えお互いのことを理解し合う、また、コミュニケーション力を上げる、などこれから私たちが考えていかなければならないことはたくさんあると感じました。

 

そして今回も各クラブの表彰がありました。

実にたくさんの表彰があり、中でも男子バスケットボール部の3Pシュートコンテストなど、中々聞かない賞を取っている人もいてとても印象に残っています。

 

その後、体験留学を終えもうすぐオーストラリアに帰国してしまうフェイさんからのお別れのスピーチがありました。とても流暢な日本語で喋っていて約10か月の滞在で素晴らしい成長だなとしみじみ感じました。

フェイさんが来日したときに言っていた「毎日抹茶を食べたい」ということは惜しくも達成できなかったようですが、30種類以上の抹茶アイスは食べられたということなので、充分に日本の和の文化を堪能していただけたようで何よりだと思っています。日本のことを、この花園高校のことを忘れずに帰国してほしいです。

 

冬休みは短い期間ですが、新年を迎えてまた新たな気持ちで3学期もがんばっていきましょう!

(生徒会執行部)

 

 

PC240778.jpg                校長先生のお話  

    PC240788.jpg

 

                各クラブの表彰

 

PC240794.jpg            フェイさんからお別れのあいさつ