トップページ > 「石川アユ再生フォーラム」 「魚道づくり」 

石川アユ再生活動について

 
 【2016年のアユ再生の取り組み】
 2月11日の「石川アユ再生フォーラム」に始まりました今年のアユ再生の取り組みですが,4月16日には多くのボランティアのご協力を得て,土のうを積み上げて魚道を完成させることができました。しかし,その後,増水で魚道が流出するというハプニングが発生しました。重量1トンの大型土のうを25個も配して増水対策を施していたのですが,大人の背丈を超すような増水の大きな力には負けてしまいました。
 多くの協力者のご厚意を考えますと,そのまま諦めることができず,4月29日,本校科学部と大阪府富田林土木事務所は,スケールダウンした魚道づくりに再度挑戦いたしました。魚道の完成後も,構造に幾度も改良を加えて結果,翌30日の午後に,魚道をのぼるアユを確認することができました。同日と翌5月1日の合計約40分間に14個体のアユの遡上を確認することができました。
 5月2日に予定されていた上流の井堰の転倒に伴う増水で,魚道は再び破壊されてしまいましたが,4月30日から5月1日の2日間に,ある程度のアユが遡上したと考えられます。流下した土のうは,そのまま放置すると回収し難くなるため,既に回収いたしました。
 この度一定の成果を得ることができましたことは,ひとえにご協力いただきました皆さま方のお陰であり,心より感謝申し上げます。今後も引き続き,石川を中心に南河内の自然再生に取り組んでまいりますので,ご理解とご協力のほどよろしくお願いしたします。 上記の取り組みについて,数点の写真を添えて紹介いたします。なお,5月5日の毎日新聞,5月21日の読売新聞でも紹介されました。    


4月16日の魚道づくりには、100名を超えるボランティアが参加  


4月29日,魚道づくりに再挑戦

4月30日,アユが遡上した魚道

5月5日の毎日新聞

5月21日の読売新聞

  「石川アユ再生フォーラム」のポスター・チラシ

  「石川アユ再生フォーラム」プログラム」

  「石川アユ再生フォーラム」は無事終了しました。ご協力ありがとうございました。

    

2月11日(木・祝)に「石川アユ再生フォーラム」を開催しました。このフォーラムは本校、大阪府、よしもとグループが主催し、大和川河川事務所(国交省)、南河内ほわ〜っと流域ネットワークや大和川市民ネットワークなど多くの方々のご協力により開催することができました。また当日も200名を超える方々にご参加いただきました。心より感謝を申し上げます。

  本校のアユ復活運動が、毎日新聞(2016年3月12日 朝刊)に掲載されました。

 

 科学部では、本校の前を流れる石川に再びアユが遡上してくる事を目標に4年前から活動を続けています。そのために、富田林土木事務所の協力を得てアユの遡上を阻んでいる井堰(水を他に引くため、川水をせきとめたところ)に魚道を設置する取り組みを行っています。昨年は簡易的な魚道を設置しましたが、残念ながら大きな効果を確認することはできませんでした。 そこで今年は、より遡上しやすいと考えられる土のう積み上げ式魚道を4月16日(土)、17日(日)に設置する計画を進めています。この魚道を設置するには、土のうを1000個積む必要があり、多くの方々の助けを必要としています。もちろん、お子様や女性でも手伝っていただける作業もあります。また、見学・応援も大歓迎です。詳細は以下のリンク先に掲載しております案内チラシをご覧ください。 なお、作業にご参加いただける方は保険加入のため、事前の申し込みが必要です。以下のリンク先「石川の魚道づくり協力者募集入力ページ」よりお申し込みをお願いいたします。

  「4月16日(土)、17日(日)に実施予定の魚道づくりの協力者を募集しています。」